NEW

紗栄子、17歳男性と交際か、気になる法的問題…青少年育成条例上の“線引き”

文=編集部、協力=山岸純/山岸純法律事務所・弁護士
【この記事のキーワード】

, ,

紗栄子、17歳男性と交際か、気になる法的問題…青少年育成条例上の線引きの画像1
紗栄子のインスタグラムより

 “魔性の女”の恋愛遍歴に、また新たな1ページが加えられたのだろうか――。

 メジャーリーガーのダルビッシュ有投手の前妻で、ZOZO創業者の大富豪、前澤友作氏の元恋人としても知られるタレントの紗栄子が、16歳年下のアーティスト、YOSHIと交際していたと、11日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた。同誌によれば、2人は一昨年に仕事で知り合い、交際に発展したが、昨年秋には破局。交際当時、YOSHIはまだ17歳だったという。

 紗栄子は2007年、20歳のときに北海道日本ハムファイターズに所属していたダルビッシュと交際わずか3カ月で結婚を発表。12年には離婚に至っているが、ダルビッシュとの間に08年に長男を、10年に次男を授かっており、現在の子供たちの年齢は13歳と11歳。2人とも英ロンドンの全寮制の学校に留学していることを紗栄子も明かしているが、長男とYOSHIは“同世代”ともいえなくもない近い年齢ということもあり、今回の熱愛報道には驚きの声も広まってる。

 注目を集めているのは、やはり交際当時のYOSHIが未成年、しかも17歳であったという点だ。

「昨年、当時ジャニーズ事務所に所属していた俳優の山下智久が、KAT-TUNの亀梨和也と共に女子高生と飲酒を共にしていたことが発覚。特に山下はそこに同席していた女子高生とホテルで合流して同じ部屋に宿泊していたため、違法性を指摘する声もあがり、ジャニーズは山下を活動自粛処分に。結局、山下はそのまま事務所を退所する流れとなりました。この一件以降、20歳以上のタレントが未成年の異性と交際することは、どの事務所でも“あってはならないこと”とされています」(芸能事務所関係者)

「真剣交際」なら問題なし

 東京都青少年育成条例第18条の6は「何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない」と規定しており、違反すると2年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる可能性がある。山下のケースでは“その日に出会った”未成年女性とホテルに宿泊していたため純粋な恋愛関係にあったとは考えにくいとして、法的観点より問題視された。

 一方、「週刊女性」の報道がもし事実であれば、今回のように成人女性が18歳未満の男性と真剣交際をすることに、なんらかの法的問題が生じるのであろうか。山岸純法律事務所の山岸純弁護士は次のように解説する。

「事件になるのは、たいていの場合、男性が18歳未満の女子と行為におよんで青少年育成条例違反(東京都の場合、第18条の6)などで逮捕される例ですが、条例は『何人も、青少年とみだらな性行為を行ってはならない』とありますので、誰であっても『青少年』、すなわち『18歳未満の者』とそうした行為をすれば、条例違反を問われる可能性があります。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合