NEW

中古iPhone市場に異変!? 5年近く前の旧型機種の売れ行き好調の理由とは

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

現代のデジタルデバイスはまさに日進月歩で、次々に新たなテクノロジーが誕生している。それはスマートフォンの世界においても例外ではなく、ディスプレイやカメラの性能、ストレージの容量にバッテリーの持ち具合等、様々な面でユーザーにとって便利なデバイスへと進化し続けている。しかしそんななかiPhoneの中古販売市場で、特定の年代より前の機種の人気が高まっていることが明らかになった。今回は、この時代だからこそとも言える中古iPhone市場の人気の動向についてお伝えしていきたい。

中古iPhone市場で旧型機種が売れているのはなぜ?

中古iPhone市場に異変!? 5年近く前の旧型機種の売れ行き好調の理由とはの画像1
中古iPhoneのトレンドにも世相が反映された(中古スマホのECサイト「にこスマ」調べ)

 中古スマホのECサイト・にこスマで5月10日に発表された「中古iPhone販売数ランキング」によると、4月1日~30日の間に最も販売数が多かった機種は「iPhone 8(64GB)」だったという。さらに2位には同じくiPhone 8の256GB、3位は「iPhone SE(第1世代)(64GB)」となった。

 ワンツーフィニッシュを決めたiPhone 8が発売されたのは2017年、3位の第1世代のiPhone SEはさらに古く2016年だ。毎年新機種…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合