NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

異色のNHKドラマ『きれいのくに』が攻めている…意味不明なシーンに仕掛けられた伏線

文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家
【この記事のキーワード】

, , , ,

異色のNHKドラマ『きれいのくに』が攻めている…意味不明なシーンに仕掛けられた伏線の画像1
きれいのくに – NHK」より

 異色作の多い春クールのドラマだが、中でも最大の異色作が月曜夜10時45分からNHKで放送されているドラマ『きれいのくに』だ。

 舞台は数年前に美容手術が“トレンド”として大流行し、現在では国によって禁止されている日本。そんな架空の日本で暮らす5人の高校生、誠也(青木柚)、中山(秋元龍太朗)、貴志(山脇辰哉)、凜(見上愛)、れいら(岡本夏美)の物語というのが、とりあえずは正しいのだろうが、簡単に説明することが難しいドラマである。

 ジャンルは近未来ディストピアSFだと言えるだろう。劇中には遺伝子編集も含めた美容整形が流行ったことで、男は稲垣吾郎、女は加藤ローサという美男美女の顔をした大人が多数登場する。よくあるSFドラマなら、そんな歪んだ世界に対して主人公たちが反旗を翻したり、この世界からの脱出を試みようとするのが定番の展開だが、本作はそういった方向には向かわない。

 代わりに描かれるのが、この世界で容姿の問題や人間関係に頭を悩ます高校生たちの姿である。

 たとえば、れいらはパパ活で知り合った男に殴られるのだが、そのことに対する誠也たちの距離感が独特で、彼女を叱るわけでも男を非難するわけでもなく、心配は一応してはいるがどこか冷淡で、優しいとも残酷とも感じる微妙な接し方だ。

 主人公が恋人や友達のことで簡単に怒ったり泣いたりする青春ドラマに見慣れていると、本作の高校生5人の姿は、人間の皮をかぶった別の生き物の生態を見ているような気持ち悪さを感じる。

 だが、私たちだって、職場や学校の友達と接するときに、いつも感情を露わにして本音で話しているかというと、そういうわけではない。たいていのことは無関心だし、適切な距離を取ることで円滑な人間関係を維持している。

 その意味で、本作の描写はとてもリアルだ。つまり、『きれいのくに』は、架空の日本で暮らす高校生たちのドキュメンタリーを見せられているようなドラマだと言える。

月曜に移動しても攻める「よるドラ」

 本作の制作統括は、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)や大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(同)といった宮藤官九郎作品を手がけた訓覇圭。脚本は加藤拓也。

 NHKのよるドラ枠は、土曜の深夜枠(23時30分放送)として2018年にスタート。2019年に若者向けドラマ枠としてリニューアルされ、三浦直之、玉田真也、高羽彩といった劇作家を積極的に起用することで攻めた作品をつくってきたのだが、本作の加藤拓也も劇団た組を主宰する27歳の新鋭だ。普通のドラマならブレーキがかかりそうなラディカルなストーリーや性描写が許されるのも、よるドラだからだろう。

 今作から放送日が月曜に移動したが、テイストは変わらず、より攻めた内容となっている。

 何より驚くのは、次がどうなるのかまったく予想がつかないストーリー展開である。

 実は、『きれいのくに』は美容師の橋本恵理(吉田羊)と税理士の宏之(平原テツ)が主人公の夫婦の物語としてスタートした。再婚同士の2人は子どもこそいなかったが、優雅な生活を送っていた。しかし、第1話の最後で恵理は10年前の30代の姿(蓮佛美沙子)に変わってしまう。

『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは――? バブルの夢に浮かれた1990年からコロナ禍に揺れる2020年まで、480ページの大ボリュームで贈る、現代テレビドラマ批評の決定版! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合