生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

いまや国民の必需品であり、重要インフラとしての役割をはたしている携帯電話。しかし、国際的に見ても日本国内の携帯電話料金は高い水準とされており、利用者にとって分かりにくい複雑なプラン設定が当たり前となっている。消費者にとって分かりやすく納得のできる低廉な料金設定と、多様なサービスの中から自らのニーズに合ったものを利用できる環境の実現が求められているとして、政府は2020年10月に「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」を公表した。

携帯乗り換え活発化を目指し整備されたアクション・プラン。しかし……?

 これまで携帯電話の販売店などでは、手数料などの初期費用を「頭金」と表記するなど、何にいくら支払っているのかが分かりにくい状況だった。アクション・プランには、こうした分かりにくさを是正するとともに、大手キャリア同士や、格安スマホへの乗り換えをしやすくして競争を促し、携帯電話料金を下げる狙いがある。  分かりにくさの是正に関しては、総務省が「携帯電話ポータルサイト(正式版)」を公開。詳しくない人にも分かりやすいように記されているのだが、読み進めていくの…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合