結婚の星野源と新垣結衣、昨年秋頃から交際開始か…“ラブラブぶり&イチャイチャ”が話題の画像1
TBS『逃げるは恥だが役に立つ』のInstagramより

 まさかの電撃婚となった――。

 19日、歌手で俳優の星野源と女優の新垣結衣が結婚を発表した。2人は2016年放送の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で共演後、たびたび熱愛の報道も出ていたが――。

「結局、ツーショット写真もなく、芸能記者の間では交際は“都市伝説”なんじゃないかという見方も強かった。現在はわかりませんが、2人が一時期、同じマンションに住んでいたことは複数のメディアがキャッチしていましたが、このマンションは同じ敷地内に複数の棟があるかたちで、2人は違う棟の住戸だった可能性もあり、同棲していたかまでは不明。セキュリティがしっかりしていて芸能人からも人気の物件だっただけに、単なる偶然だった可能性も十分にあります。2人とも超人気タレントなので、現実問題としてさすがに同棲は難しいと思いますよ」(週刊誌記者)

 2人は昨年12月、今年1月に放送された『逃げるは恥だが役に立つ』のスペシャル版の番宣のためにバラエティ番組『ぴったんこカン・カン』(TBS系)で共演していた。

「2人は『ぴったんこ』内で、『逃げ恥』撮影のために4年ぶりに会ったと言っていたので、もしこれが事実なら、撮影前後のタイミング、つまり昨年秋ごろから交際がスタートしたということになる。スペシャル版の撮影で再会して、改めてお互いの気持ちに気が付いたということなのでしょうか。そもそも、もし以前から付き合っていたのだとすれば、果たして双方の事務所がスペシャル版での再共演のオファーを引き受けたのかは疑問ですし、逆に『ぴったんこ』内であんなに“ラブラブぶり”を披露できなかったような気もしますし……」(別の週刊誌記者)

 新垣といえば昨年放送の『親バカ青春白書』(日本テレビ系)の出演まで、約2年間、連続テレビドラマの仕事から離れていた。

「コロナによる自粛期間もありましたが、もともとインドア派で自宅で過ごすことが得意なタイプの新垣にしてみれば、苦にならなかったはず。休息期間中は、後輩女優や知人と自宅で女子会を満喫していたようです。料理も上手なので、毎回、ガッキーが手料理をつくってくれるとか。

 女子同士のトークでは、コロナ禍の状況下で恋人と会えなくて寂しいという話題になり、ガッキーは『私は恋人と多少会えなくても全然平気』などと言っていたみたいですよ。一時は星野源さんとの交際が噂されたこともありましたが、確固たる報道もなく、付き合っていたのかどうなのかも定かではない状態ですし、その“恋人”が星野さんとのことなのかは、わかりませんが……」(業界関係者/2020年8月9日付当サイト記事より)

 今回は2人の結婚を祝して、前出の『ぴったんこカン・カン』で共演した際の様子を伝えた当サイト記事『熱愛報道の星野源と新垣結衣、ロケで肩に自然に手を置く「見つめ合い」「まったりし過ぎ」』を再掲載する。

―――以下、再掲載―――

 またあの2人の人気俳優の共演に、ネット上がザワついているようだ――。

 2016年に放送され、最終回の平均視聴率が20.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。そのスペシャル版が放送される1月2日が近づき、多くの“逃げ恥ファン”の期待が高まっている。

 そんな『逃げ恥』のキャストたちが集いクリスマス・パーティーを行うという企画が、25日放送のテレビ番組『ぴったんこカン・カン』(同)内で放送され、一部で熱愛の報道も出ていた主演の星野源と新垣結衣の“息ピッタリ”のやりとりが話題を呼んでいる。

 番組冒頭、アナウンサーの安住紳一郎が、星野演じる“平匡さん”と新垣演じる“みくり”の夫婦が住むマンションのセットを訪問。星野と新垣は2人そろってかなり低いテンションで「ようこそいらっしゃいましたー」と出迎え、安住から「もう少し明るく迎えてくれても、いいんじゃないでしょうか?」と“苦言”を受けた。

 続けて安住から「お2人、4年ぶりに会って、“ここが変わったかな?”と思うところはありますか?」と聞かれると、新垣は「うんっ、うんっ」と咳払いをするフリをして、星野について「前髪が分かれましたね」と返答。星野が「髪の毛か。テキトーですか?」と聞くと、新垣は「いやいやいや、最近、開いてるなって」と口にするなど、冒頭から2人ともリラックスした様子をみせた。さらに、安住の変わった点を聞かれた星野が「そのネクタイって、20年くらい同じの使ってますか?」と言った直後、星野と新垣がチラッと見つめ合う場面もみられた。

 その後、3人は話題のチキン店のロケに。店舗の前に着くと、星野は自然に左手を新垣の肩に乗せ、“2人の間で最近流行っている”というお笑いコンビ・COWCOWのマネを披露。安住の指示を受け、2人は再びCOWCOWのマネをしながらカメラに向かって「メリークリスマス」と呼びかけた。

 場面は変わり、店内で3人がチキン料理を食べていると、安住は多忙な星野について、「今、世の中が星野源に求めすぎなんですよ。サービス精神旺盛だから手抜かないでしょ。曲づくりなんか、人に任せればいいのにね」と言うと、それを聞きながら新垣はうなずき、「ホントですよ」と同調。そして安住は、星野と新垣について次のように観察した上での評価を述べた。

「星野さんて、遠慮しがちなんで、ほかに出演者がいると、ちょっと自分の出し幅を抑えるんですよね。それで聞き役に回るんですよ」

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合