生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

QRコード決済サービスのシェア調査の結果が発表された。その中で1位となったのはやはりこれまでも“絶対王者”とされていたサービスで、大きな番狂わせは見られなかったと言っていい結果となった。このまま2021年も業界の勢力図は変わらないのだろうか。

今回は、調査結果から見えてくるQRコード決済業界のシェア争いについて考えていきたい。

PayPay、メインで使うQRコード決済で圧倒的な1位に!

 今回発表されたのは、動画メディア「山田のレゾンデートル」が4月に実施したQRコード決済やクレジットカード決済、電子マネー決済といった各種キャッシュレス決済の「メインで使っている決済」等の調査結果だ。その中のQRコード決済部門で1位となったのは、大方の予想通り「PayPay」だった。「2021 メインで使っているコード決済」の設問でPayPayを選んだのは420人。2位の「d払い」が229人であることを考えると、ダブルスコアに近い圧倒的な支持を得ていることがわかる。  また3位の「楽天ペイ」191人、4位「au PAY」135人までが3桁の回答数で、5位「LINE Pay」(52人)…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合