新垣結衣、芸能界引退も視野か…結婚&独立同時発表の怪、所属事務所レプロと溝かの画像1
TBS『逃げるは恥だが役に立つ』のInstagramより

「交際はどのメディアも完全にノーマークだった。5年前にドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で共演後、2人の熱愛がたびたび報じられてきましたが、どれもツーショット写真など確固たるエビデンスになるような材料はなく、“噂の域”をすぎないものばかり。今年年始の『逃げ恥』スペシャル版で共演していたこともあり、芸能記者の間では“交際はない”とみられていた。本当に付き合っていたら、さすがに事務所も共演のオファーを引き受けないでしょうから。星野の所属事務所がコメントしているように、昨年の『逃げ恥』スペシャル版の撮影がきっかけで交際がスタートしたとみられています」(週刊誌記者)

 19日に電撃発表され、日本中を驚かせた星野源新垣結衣の結婚。2人は『逃げ恥』で仲睦まじい同居人、そして夫婦役を演じてきただけに、ネット上では多くの祝福の声が上がっている。

「新垣の熱愛話でいえば、7年ほど前に週刊誌で撮られた元ジャニーズの錦戸亮(関ジャニ∞)ぐらい。星野もまだ今ほど売れていなかった10年以上前に、歌手のaikoとの交際が報じられたくらいで、2人ともここ数年は恋愛スキャンダルとは無縁。

 特に新垣は知人らと食事に行ったりという目撃談もほぼ皆無で、プライベートは完全に謎。仕事が終わっても基本的には自宅に直帰するというスタイルで、事務所の後輩の川島海荷など、ごくごく親しい女友達らと自宅でゴハンするのがもっぱらなようです」(週刊誌記者)

 芸能マスコミの間で注目を集めているのが、結婚発表と同時に所属事務所の退所を発表している点だ。新垣は発表コメント内で

「私、新垣結衣はレプロエンタテインメントとの専属マネジメント契約を終了し、今後は個人として活動していくことになりました」

「なお当面は、レプロとのマネジメント契約を一部継続し、引き続きサポートしていただく形で、自分のスタイルをじっくりと構築してまいります」

と綴っているが、テレビ局関係者はいう。

「これまで新垣とレプロの関係が悪化しているという話はなかったが、今回の結婚と独立がまったく無関係だとみる向きは少ない。新垣が主演した2018年放送のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)が視聴率的にかなり苦戦し、内容的にもネット上で酷評する声も目立ち、そういうことを結構気にするタイプの新垣に事務所は気を配って、その後2年ほど連ドラの仕事を入れなかった。CMや雑誌の仕事などに絞ってマイペースに仕事をさせるなど、事務所が新垣を“大切に扱っていた”のは事実でしょう」

同世代の女優陣と対照的

 そんな新垣とレプロの間で何があったのか――。

「レプロは長谷川京子、真木よう子、内田理央など多くの俳優やモデルを抱える大手芸能事務所ですが、CMの仕事も多い新垣が事務所の“稼ぎ頭”であることは間違いない。その一方、事務所が新垣に仕事を詰め込んでいるという感じではまったくない。事務所としては、これまで新垣をかなり“過保護”に扱ってきただけに、今後の仕事への影響を鑑みて、星野との結婚に難色を示したことで、新垣との間で溝ができたのではないかという話も出ている。新垣の退所コメントのなかに、通常この類の文書ではみられる事務所への感謝の言葉がない点も関心を集めています。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合