セブン・ローソン・ファミマの「抹茶スイーツ」5選!パフェ、わらび餅、チーズケーキもの画像1
コンビニ3社の抹茶スイーツ

 春から初夏にかけて「新茶」の季節を迎えるにあたり、各コンビニのスイーツコーナーには抹茶味の商品が並ぶ。小分けになっているチョコレートや大容量のクッキーなどは、小腹が空いたときに軽くつまむのに最適だ。一方、いわゆる「コンビニスイーツ」と呼ばれる生菓子は、スナック菓子と比べると値段は張るものの、満足感やスイーツとしての完成度が非常に高く、日々のささやかなご褒美にピッタリだ。

 今回は、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートの大手3社から販売されている抹茶系スイーツ商品の中で、カップに入った「抹茶カップスイーツ」を紹介する。これからどんどん暑くなっていくが、さっぱりしていて初夏でも気にせずに食べられそうなスイーツ揃いなので、ぜひチェックしてほしい(価格は税込み、各種情報は調査時点のもの)。

ローソン「MOCHI CAFE 抹茶ミルク」/228円

 ローソンが展開しているスイーツシリーズといえば「Uchi Cafe」を思い浮かべる人が多いだろう。しかし、今回紹介するのは「MOCHI CAFE」という新シリーズだ。これまで「MOCHI CAFE」には「抹茶あずき」や「抹茶黒みつ」などの商品があったが、今回は「抹茶ミルク」と、和洋折衷のスイーツになっている。

セブン・ローソン・ファミマの「抹茶スイーツ」5選!パフェ、わらび餅、チーズケーキもの画像2

 カップの中は2層構造で、下がジュレのような抹茶ソース、上がミルキーなクリームゼリーという構造だ。抹茶ソースの中には、直径3cm近くはあろうかという大きな白玉が4粒も入っている。味はというと、ミルク感が強く、抹茶ラテのような味わいだ。なめらかな口当たりだが、時折弾力の強い白玉をかじることで、食感も飽きを感じさせない。甘めの抹茶スイーツが好きな人におすすめの商品だ。

セブン-イレブン「宇治抹茶と苺のパフェ」/300円

 続いて紹介するセブン-イレブンの「宇治抹茶と苺のパフェ」は、さまざまな食感や味が楽しめるパフェだ。パフェでありながら、抹茶はもちろん、あんこや白玉がトッピングされ、和のテイストも感じられる。

セブン・ローソン・ファミマの「抹茶スイーツ」5選!パフェ、わらび餅、チーズケーキもの画像3

 肝心の抹茶はホイップクリームなのだが、この抹茶の苦味が強烈だ。単体で食べると、たてて淹れた抹茶にも負けない苦味と渋みを感じる。これを果肉入りの甘酸っぱい苺ピューレと一緒に食べると、より強い苦味を感じ、つぶあんと一緒に食べるとマイルドな苦味へと変化する。どのトッピングと一緒に口に入れるかで、さまざまな苦味の抹茶が味わえるのだ。

 さらに、カップの下の抹茶寒天や軽い苺クリームなどで、食感のバリエーションも豊富。カップの中で無数の組み合わせを試せるので、自分好みの味や食感を見つけてほしい。

ファミリーマート「餡入りわらび 抹茶」/160円

 ファミリーマートの肉まんやあんまんを手がけている井村屋が開発したスイーツ「餡入りわらび 抹茶」が、限定販売されている。

セブン・ローソン・ファミマの「抹茶スイーツ」5選!パフェ、わらび餅、チーズケーキもの画像4

 カップには、つるりとした、のどごしの良いわらび餅がみっちりと入れられ、見た目の抹茶感は薄い。しかし、フタを開けると、わらび餅の中に大きなボール状の抹茶餡が入っており、存在感を放つ。やわらかな抹茶餡とわらび餅を混ぜると、ぷるぷるで濃厚な抹茶味のわらび餅ができあがるのだ。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合