新垣結衣、厳戒交際の裏に極度のマスコミ不信…モテ男・星野源が豹変した出来事の画像1
TBS『逃げるは恥だが役に立つ』のInstagramより

“フェイクニュース”によるマスコミ不信で“お隣さん恋愛”を徹底し、結婚へたどり着いたようだ――。

 19日、女優の新垣結衣と俳優で歌手の星野源が結婚することを発表し、世間では祝福ムードにわいている。2人は2016年放送の新垣の主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で共演して親密になり、交際に発展。同ドラマで結婚した2人がリアルでもゴールインすることで“逃げ恥婚”と称されている。

 星野の所属事務所は、今年1月に放送された『逃げ恥』スペシャル版の撮影での再会がきっかけで交際が始まったと説明しているが、3年ほど前から2人は同じマンションエリア内の別棟に住むなどして、以前から交際をしていたという報道も出ている。もし事実であれば、2人は“お隣さん恋愛”を成就させて無事、入籍に至ったということになる。

 交際がバレないために、同じ場所に住むほどマスコミや世間の目を警戒していた背景には、何があるのだろうか。

「07年に一部で、新垣がブレイクして過労のため『長期休養』するとセンセーショナルに報じられ、本人がブログで即、否定するという出来事がありました」(テレビ関係者)

 当時は主演映画『恋空』が公開された直後で、一気に人気が上がっていた時期。新垣は「長期休養」報道についてブログで、「あの、別にユイ休養しません」「これからの活動としてはしばらくの間、音楽方面に集中していく事に多分なると思います」などと完全否定した。

「新垣は事務所と相談し、多忙を極めていたため女優業だけセーブする方針だったが、その情報が漏れて尾ひれがつき、すべての活動を休止するという間違った情報が出回り、報道につながったようです。そして実際に新垣は長期休養することなく、報道は“ガセ”と処理されましたが、あの騒ぎで新垣はマスコミ不信を強めたそうです」(同)

 新垣はその後、あるCM発表会に登場する。ここでも、それに拍車をかけるハプニングがあったという。

「CM発表会の舞台裏で、一部記者に『あの時は休養と報じられましたね』と声をかけられ、これもマスコミ不信を強めることになったといわれています」(同)

 それからというもの、新垣は男性と付き合う時は、マスコミに撮られないよう徹底的にガードした。

「13年に一部で、当時ジャニーズ事務所に所属していた錦戸亮(関ジャニ∞)との交際を報じられました。新垣と錦戸が徒歩圏内の互いの高級マンションで行き来していたという内容でした。結婚する星野とも徒歩圏内の互いのマンションを行き来し、愛を育んでいたということですが、錦戸にしても星野にしても、マスコミに撮られまいと“徒歩圏内の恋愛”を徹底したわけです」(同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合