生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

GoogleアカウントやLINE、Twitter、Amazon、楽天、各種のアカウント所持率に関する調査が行われた。そのなかで複数アカウントの所持者数について調べた結果、Googleアカウントが最も複数アカウントを持つユーザーが多いと判明。しかし割合で見れば、TwitterやインスタなどSNSユーザーほど複数アカウント所持者が目立つことが分かった。SNSの沼は深いということだろうか。

複数アカウント所有者が多いSNSサービス

 NTTドコモのモバイル社会研究所が、2021年1月にICT(情報通信技術)サービスに関連の深いアカウントの所有状況について調査を行なった。対象となったサービスはGoogle、LINE、Yahoo! JAPAN、楽天、Amazon、Twitter、Apple、インスタグラムの8つだ。  所有率はGoogleアカウントが最も高く、次にLINE、Yahoo! JAPANが続く結果となった。これらのアカウントは10代から70代までどの世代でも所有率が高く、メールやメッセージサービスなど連絡手段のひとつとしてアカウントを取得している状況がうかがえる。Tw…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合