NEW
内田実人「親子でできる中学受験算数」

中学受験・算数、苦手な立体図形の「切断」問題、スタートは家庭内での対話が重要?

文=内田実人/中学受験指導スタジオキャンパス
【この記事のキーワード】

, ,

中学受験・算数、苦手な立体図形の「切断」問題、スタートは家庭内での対話が重要?の画像1
「Getty Images」より

その2「切断」

 前回に引き続き、今回も「立体図形」を扱っていきたいと思います。前回は“展開図”をテーマにしましたが、今回は“切断”がテーマです。前回の記事の中で“見取り図”を描写してもらったエピソードがありましたが、この“切断”においても必ずといっていいほど以下のようなエピソードが出てきます。

中学受験・算数、苦手な立体図形の「切断」問題、スタートは家庭内での対話が重要?の画像2

“切断”とは何か?等、全く伝えることなしに描いてもらうと、多くの子供たちが以下のような線を描きます。

中学受験・算数、苦手な立体図形の「切断」問題、スタートは家庭内での対話が重要?の画像3

 前回の“見取り図”でも感じたことですが、ここでも実際の“モノ”を見たり扱ったりといったことが少なかったんだろうなあと感じます。中には何も伝えることなしに正解の“切り口”を描ける子もいましたが、聞いてみると、

「家でお手伝いした時に“豆腐”を切ってみたよ!」

「“発泡スチロール”の立方体が売っていたから、それを切ってみたことある!」

といった返事が返ってきました(今は便利な“モノ”が売っていますね)。

 やはり実際に見たり扱ったりすることは大事なんだなあと感じる反面、“想像”だけでは厳しいものがありますね。そもそも“切断”することが何であるか実際に“切り離す”場面を見たことがないのであればなおさらです。まずは“見る”“扱う”という前提があった上で、ここでも“手順・方法”を学んでほしいと思います。

【手順1】同一平面上の2点を結ぶ

中学受験・算数、苦手な立体図形の「切断」問題、スタートは家庭内での対話が重要?の画像4

 上の面(面ABCD)におけるPとQは“同一平面上の2点”にあたるので一直線に結びます。“切り口”とは立体の表面上における線を結んだものなので、PとR, QとRは立方体の表面上の線ではないため結んではいけませんね(“串”を貫通させたようなものです)。

【手順2】向かい合った(平行な)面に平行線を引く

 平行な2つの平面をもう一つの平面で切ると、2つの面には平行な切り口の線がつきますね(以下のようなイメージ)。

中学受験・算数、苦手な立体図形の「切断」問題、スタートは家庭内での対話が重要?の画像5

 上の面(面ABCD)と下の面(面EFGH)が向かい合った(平行な)面ですから、PQと平行になるようにRから平行線を引くと以下のようになります。

中学受験・算数、苦手な立体図形の「切断」問題、スタートは家庭内での対話が重要?の画像6

【手順3】線を延長して、新たな交点をつくる

 一つの平面で切断するということは、その面を拡張した時にぶつかった交点も一つの平面上にあるということですね。以下のように線(RS)を延長してみましょう。

中学受験・算数、苦手な立体図形の「切断」問題、スタートは家庭内での対話が重要?の画像7

 RSを延長してできた交点TはPと、交点UはQと同一平面上の2点となりましたね。よって【手順1】に戻って以下のように結びます。

中学受験・算数、苦手な立体図形の「切断」問題、スタートは家庭内での対話が重要?の画像8

 さらに立方体の辺上にできた交点VとRが、交点WとSが同一平面上の2点となりましたので、【手順1】のとおり結びます。

中学受験・算数、苦手な立体図形の「切断」問題、スタートは家庭内での対話が重要?の画像14

 上の図のように“切り口”の線はしっかり立方体の表面上に引かれていなければいけません(そもそも“切断”できませんね)。ここでは“切り口”の形は正六角形となりました。

“想像”だけで“意味・理屈”をつかむことなく感覚で行うのではなく、しっかり“手順・方法”を利用することはこの“切断”においても大切ですね。また是非実際の“モノ”を用意して、本当にそのようになっているのか確認してほしいと思います。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合