生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

新生活がスタートする4月は、新たに塾へ通ったり、習い事をはじめたりするのにぴったりな季節だ。そんな季節柄も反映させた調査「子どもの塾の先生になってほしい芸能人」のアンケート調査を、株式会社サイバーアウルが運営する総合情報サイト「テラコヤプラス by Ameba」が実施。全国の子どもがいる20~50代の保護者1000人に対象に回答を募った。

ユーモアがあり、勉強以外の知識や教養がある人を支持

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、子どもたちの学習環境も大きく変化し、保護者は子どもの学力低下の不安を感じている。そこで、塾のオンライン授業やアプリなど、新たに学習する機会を増やす家庭が多いようだ。選ぶ際に気になるのが講師陣だが、今回、総合情報サイト「テラコヤプラス by Ameba」が行ったアンケートは、芸能人だったら誰に先生になってほしいかというもの。  4位にランクインしたのは、さまざまな番組で謎解きクリエイターとして活躍している、東京大学工学部在学中の松丸亮吾さん。投票した理由には「教え方がわかりやすそう」「集中力や思考力を伸ばしてくれそう」「楽しく学べる工夫をして…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合