『めざまし8』視聴率で露呈した『スッキリ』との差…フジテレビの誤算と谷原章介の問題点の画像1
めざまし8 – フジテレビ」より

 22年の歴史に幕を下ろした『とくダネ!』(フジテレビ系)から『めざまし8』に変わって2カ月。御年73歳の小倉智昭から、次の10年、20年を見据えて48歳の谷原章介に司会が交代したわけだが、視聴率的にはどのような変化が見られたのだろうか?

女性層の視聴率で『スッキリ』に完敗

「たとえば『とくダネ!』が終了する1カ月前、3月1日のオンエアを世代別、そして“役割”別に見てみます。平均世帯視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人視聴率は3.0%となっています。その中でF3(女性50歳以上)は5.1%、また“役割”の項目で見ると『主婦』は4.6%と、決して高くはないものの、それほど悲観的になることもない数字です。

 一方で、裏番組の『スッキリ』(日本テレビ系)と比べて『とくダネ!』が負け込んでいたのが、F1(女性20~34歳)、F2(女性35~49歳)でした。同じく3月1日の『スッキリ』のF1の視聴率が4.2%であるのに対し、『とくダネ!』のF1は1.4%と、2.8ポイントの差をつけられています。続いて、F2でも『スッキリ』が7.7%であるのに対し、『とくダネ!』は4.0%と、3.7ポイントも離されています。今回の谷原の起用は、『スッキリ』が独占していたF1、F2層の取り込みを狙った施策でした」(テレビ局関係者)

 では、谷原に変わった後の『めざまし8』はどうなったのだろうか?

「1カ月前の数字ですが、4月15日の視聴率は世帯5.3%、個人2.8%でした。そして、肝心のF1はというと1.3%、F2は4.0%、F3は4.7%。さらに『主婦』の項目では4.5%でした。つまり、『めざまし8』の視聴者層は『とくダネ!』のそれと、なんら変わらないことがわかったのです。率直に言えば、番組の顔を小倉から谷原に変えたところで、そう簡単に新たな視聴者は振り向かないということでしょう」(同)

 夜の時間帯は「何かおもしろい番組がやってないか」と頻繁にチャンネルを変えると言われているが、情報番組が並ぶ朝はよほど嫌いなコメンテーターなどがいない限り、なかなか視聴傾向が変わらないという証左だろう。

「さらに悲しいのが、『めざましテレビ』(第2部)では約8%あったF2の視聴率が、『めざまし8』が始まった後は半分以下になるという現実です。これは『とくダネ!』時代も起きていた流出ですが、この傾向は『めざまし8』でも変わっていないようです」(同)

『めざまし』ブランドの無駄遣い?

 さらに、『めざまし8』の誤算はタイトルと内容の差にもあるという。

「『めざまし8』というタイトルの意図について、プレスリリースでは『めざましテレビ』でストレートに扱ったニュースを深く解説する“大人のめざまし”を標榜する、と発表されていました。

 つまり、同時間帯の民放1位に君臨する『めざまし』ブランドを最大限に活用するという触れ込みだったので、かなり脅威を感じていたのですが、実際は『めざまし』の総合司会を務めていた永島優美アナを起用しただけで、テーマソングやテロップのロゴ、エンターテインメントコーナーの新設など、ほかの部分は『とくダネ!』のプチリニューアルを図っただけでした」(同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合