NEW

『めざまし8』視聴率で露呈した『スッキリ』との差…フジテレビの誤算と谷原章介の問題点

文=編集部
【この記事のキーワード】, , , ,

「名脇役として知られる前田吟は2002年4月、現在の『モーニングショー』の枠で放送されていた『スーパーモーニング』の司会に大抜擢されました。誠実で温厚な人柄が評価されて、キャスターに初挑戦。局側も『見る方に安心感を与えるキャラ』として期待を寄せていたのですが、平均世帯視聴率は同時間帯のワイドショーで最下位の4%台と低迷、わずか半年で交代させられています。

 また、石田純一も1997年3月末から『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)で初めて報道キャスターに挑戦しましたが、女優・長谷川理恵との不倫騒動や元妻・松原千明との別居などのスキャンダルが響き、視聴率は5%と低迷。彼も、わずか1年で降板しています。ちなみに、この『スーパーJチャンネル』のキャスターは月~木が石田で、金曜日は田代まさしでした。このキャスティングは、今となってはテレビ史に残る特記事項でしょう」(同)

 いずれにしても、『めざまし8』が『スッキリ』に完全勝利するのはいつになるのだろうか?

(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合