生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

国際的にも高かった東京の携帯電話料金が、ロンドンに次ぐ安さになったと総務省が発表した。とはいうものの発表の中身を見てみると、東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ(ドイツ)、ソウルの各都市でシェア1位の事業者(東京はNTTドコモ)での比較で、実際に支払っている金額の平均値ではなく、各社が提供している月間データ容量20GBのプラン比較である。つまり値下げ要請により誕生した「ahamo」のプラン料金での比較であり、政府は自らの手柄をアピールしようと躍起になっているようだ。

ドコモの新プラン・ahamoでの比較。実態とは大きく乖離

 発表された携帯電話料金の国際比較によると、東京は8,175円から2,973円と前年と比べて5,202円の値下がり。ロンドンは2,166円と最安値で、パリ3,839円、ソウル5,712円、ニューヨーク7,994円、デュッセルドルフ8,325円と続く。しかしこれは各社が提示しているプランの金額であり、実態ではない。  ahamoは有料の店頭サポートをスタートしたものの、オンラインでの手続きが基本であり、自らのデジタルリテラシーに自信が…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合