NEW

同窓会“拒否症”…9割が参加経験なし、優越感競争への恐怖

文=藤野ゆり/清談社
【この記事のキーワード】, , , ,

 同じ地元で育ったからといって、似たような人生を歩むとは限らない。大学受験や就職活動などの人生の岐路によって、強い挫折感を抱いたまま中年に突入してしまう人も少なくない。とはいえ、「若年(平成生まれ)男性/大卒」グループの幸福度も全体で4位。若く学歴があるからといって、決して幸福度が高いわけではないのだ。さらに、全体的に女性より男性のほうが幸福度が低いという結果になっている。

経済格差とモテ格差が直結する男性の悲哀

 なぜ、男性は総じて女性より幸福度が高くないのだろうか。橘氏は、自由恋愛によって「恋愛」や「結婚」の格差が広がっていることが、男が自信を失うひとつの要因ではないかと言う。

「男女で大きく異なるのは『モテ』と『非モテ』の構造で、男の場合、『持てること(社会的・経済的成功)』が『モテること』と一致します。逆にいえば、経済的に成功していない『持たざる男』は、恋愛市場から排除される『モテない男』になってしまうのです。男女が自由に交際相手を選ぶようになるとこうした傾向が増幅され、現代社会は事実上の一夫多妻制になりつつあります。男性の生涯未婚率は女性の約2倍ですが、これは一部の『持てる男』が複数の女性と恋愛や結婚を繰り返しているからです」(同)

 女性は経済的に成功していてもいなくても性愛の対象となり得る(ニートでも若ければモテる)が、男性は経済状況がモテに直結し、その傾向は年齢を重ねれば重ねるほど強くなっていく。学生時代にモテモテだった男性も、10年後には「持たざる者」になっていることもあり得るわけだ。同窓会で「持てる=モテる者」と出会うことでその劣等感が加速するとしたら、参加しない人が増えるのも当然なのかもしれない。

(文=藤野ゆり/清談社)

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合