生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

近ごろ、「090」で始まる携帯電話番号を使っているのは「おじさんの証」だとSNSなどで話題となっているという。その指摘に憤る若い感性を持つ人もいるだろうが、一方で「確かにそうかもしれない」と実感する人も多いはず。では、「090」の携帯電話番号を持っている人はなぜ中年の人が多いのか探ってみよう。

携帯電話番号割り当ての経緯

090-●●●●から始まるケータイ番号が「おじさんのサイン」だとSNSで話題に!の画像1
携帯電話番号が10桁だった時代には「090」のほか、「010」「020」「030」「040」「080」も使われていた

 みなさんは、1999年の元旦の午前2時に携帯電話番号が10桁から11桁となったことをご存知だっただろうか?当時、携帯電話やPHSが一気に世の中へと普及しユーザーが急増した背景があり、電話番号が足りなくなってしまうという理由で、総務省の号令による変更がなされたのだ。それ以降、携帯は「090」、PHSは「070」で統一された。
 その後も携帯の利用者数は増え、「090」の電話番号も枯渇したため、2002年には「080」も使用されるようになったり、2013年にはPHSの需要が減ったことから「070」も携帯電話番号として使用されるようになったりと、これまで順を追うようにして増やされてきたのである。

 現在では携帯電話を新規契約すると「080」や「070」…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合