「木下優樹菜が第一次的に賠償責任を負う」3億円賠償請求訴訟、プラチナム巻き込み泥沼化の画像1
木下優樹菜のInstagramより

 ついに“お騒がせ”も、これが最後になるのだろうか――。

 タピオカ店主への“恫喝DM”騒動を経て、昨年7月に所属していた事務所のプラチナムプロダクションから契約解除と芸能界引退が発表された木下優樹菜。引退後の現在も、アパレルブランド「GALFY(ガルフィー)」の「2021 Limited Collection」のモデルに抜擢され、全国に店舗を展開するパーソナルトレーニングジム「CHICKEN GYM(チキンジム)」のイメージキャラクターも務めるなど、精力的に活動を続けている。

 その一方、自身のInstagram上で頻繁に情報を発信し、物議を醸すことも少なくなく、相変わらず“お騒がせ”キャラは健在のようだ。

 4月には、3度目となる緊急事態宣言が発令された直後、インスタのストーリーに、知人らとバーベキューを楽しむ様子を投稿。かなり酔っている様子で笑顔でピースサインするショットや、服が乱れたまま眠っている写真などを投稿。翌26日には、「@inaseri_toyosuさんお取り寄せ海鮮たち 美味しすぎて みんなに飲まされて 酔幸」と綴り、マスクなしで酔っ払った様子の自身の写真も投稿し、批判を浴びたことも記憶に新しい。

 その木下が今度は“3億円賠償請求訴訟”に巻き込まれているというから、穏やかではない。27日付「J-CASTニュース」記事によれば、芸能界引退前に木下を広告のイメージモデルに起用していた化粧品会社「ロハス製薬」は、タピオカ店とのトラブルでブランドイメージが毀損されたとして、木下とプラチナム、広告会社のBirdmanを相手取り、約3億円の損賠賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたという。ロハス製薬側はJ-CASTニュースの取材に対し、「見解の相違があり、話し合いが決裂しましたので、提訴しました」としてるが、テレビ局関係者はいう。

「タレントがドラマや映画の制作期間中やCM契約の期間中に不祥事を起こして活動休止などに至った場合、テレビ局やクライアント企業と所属事務所の間で、実際に発生した損害などをもとに賠償金・違約金の金額について協議し、合意した金額を事務所が支払うのが一般的です。局やクライアント企業にしてみれば“迷惑を被った”ということになりますが、事務所とはそれまで重ねた長いお付き合いもあるし、それ以降も持ちつ持たれつの関係が続く。お互いに大切な“お取引先さま”ということで、通常は双方の事情を踏まえながら話し合いで決まるものです。

 今回のように泥沼化して裁判にまで発展するということは、プラチナムと化粧品会社の間でよほど大きな認識の違いがあるのか、あるいは、どちらかが相手側を怒らせるほど不誠実な対応を取ったのかもしれません」

 また、芸能事務所関係者はいう。

「クライアント企業や広告代理店との契約主体は芸能事務所なので、賠償金などは一時的には事務所が負担し、不祥事を起こしたタレント本人が数年かけて事務所に“返済”していくというケースが大半。不倫騒動を起こしたベッキーや、ひき逃げを起こした伊藤健太郎もそうです。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合