生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

日本では活発に投稿しているユーザーがおじさん世代であるというイメージから“おじさんのSNS”とも言われて久しいFacebook。世界で最も利用者数が多いSNSでありながら(2020年時点)、日本に限って見てみるととくに若者のアクティブユーザーが極めて少なく、タイムラインを開いてもおじさんたちの日常報告ばかりだ。そんなFacebookが、“おじさんのSNS”から“おじいさんのSNS”へと進化しつつあることがとある調査で明らかになった。

Facebookは60~70代がLINE以外で最も利用しているSNSであることが判明

 NTTドコモ モバイル社会研究所が15~79歳の男女を対象に行った調査によると、最も利用率が高いSNSは1位LINE、2位Twitter、3位インスタグラム、4位Facebook、5位TikTokという結果になった。  Facebookの利用率を年代別に見ていくと、10代で16.2%、20代で31.9%、30代で39.3%と増加し、30代をピークに緩やかに減少。ほかのSNSは、10代をピークに年齢が高くなるにつれて利用率が減少しているが、Faceboo…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合