生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

最近、UHA味覚糖・花王・日清・サントリーといった大企業のCMで、生身のタレントではない「VTuber(バーチャルYouTuber)」を目にする機会が増えてきた。本来、VTuberの活動場所はYouTubeだが、今や大企業のCMに起用されるほどの人気を誇っているのだ。しかし、どうして大企業が芸能人ではなく、わざわざVTuberを起用するのだろうか? そこで今回は、VTuberが大企業のCMに起用される裏事情を探ってみる。

TV番組でも特集を組まれるほど人気の高いVTuber

 2016年12月、YouTubeに「キズナアイ」が登場して以来、数えきれないほどのVTuber(バーチャルYouTuber)が誕生した。キズナアイは、すでにYouTubeの登録者数が295万人を突破。その人気は留まることを知らない。VTuberについては→こちらの記事を参考にしてもらいたいが、2020年8月には、NHKが『NHKバーチャル文化祭』と題して人気VTuberを一堂に集めた特番を放映するなど、若者を中心に大変な人気を集めているのである。  それだけの人気があれば、当然、企業がCMに起用するのも…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合