朝ドラ『おかえりモネ』西島秀俊と内野聖陽の共演シーンはあるのか?『何食べ』ファン歓喜の画像1
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』」より

 米麻町森林組合の最終試験を受け、無事に正社員となった永浦百音(清原果耶)のもとに父親の永浦耕治(内野聖陽)がやってきて、島に連れ帰りたいと言い出した。思わぬ急展開に揺れた5月24日(月)~28日(金)のNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』を振り返ろう。

父親が突然の訪問、山中で子どもと遭難

 耕治と久しぶりに再会した百音は、本州で銀行員になった理由を聞いた。すると、「科学や経済で世の中をよくする方が合っていると思った」と耕治。反対に、大好きだった音楽のことをどう思っているのかを聞かれた百音は「音楽高校に落ちて目が覚めた。音楽は趣味だ」とそっけない返事をして、その場を去った。

 週末、百音は林間学校の授業があるため出社した。耕治は新田サヤカ(夏木マリ)に促されて、百音の職場見学をすることにした。元気な小学生たちに圧倒されながらも、仲間たちと楽しそうに働く百音の姿を見つめる耕治に、サヤカは「いくら子どもがかわいくても、ずっと手元に置くのは違うと思う」と伝えた。耕治は行きすぎた心配だったと思い、思い切って工作体験に参加することに。

 午後、手が空いた百音は耕治が木笛をつくっていたことに気づいた。耕治はそれを百音に渡すと、「電話したら出ること。サヤカさんの言うことを聞いてしっかり働け」と言い残して、帰り支度を始めた。百音は申し訳なさそうに、お父さんのように自分の道は自分で見つけたいと伝えた。

―――

 林間学校の2日目。山歩きと植樹体験をするため、一行は山の中へ。植樹体験の後、山を下りる途中で生徒の一人に喘息の症状が出たため、休憩することになった。しばらくすると天気が変わり、雷が鳴り始め、急いで下山することに。そのとき、百音が仲良くなった福本圭輔(阿久津慶人)が竹とんぼを追いかけて集団から外れたため、百音はとっさに追いかけて行った。

 圭輔を見つけて、山で道を外れることの危険性を教えた後、百音は佐々木翔洋(浜野謙太)に電話した。しかし、その間に圭輔は斜面をすべり落ちてしまう。再び百音が圭輔を発見した瞬間、激しい雨が降りだした。

―――

 百音は何とか圭輔を助け出すが、足首をひねり、一人では動けなくなっていた。佐々木の指示で、木から少し離れた場所に小さくしゃがみ、大粒の雨に打たれていたとき、気象キャスターの朝岡覚(西島秀俊)のことを思い出し、電話してみた。自分たちの状況を伝えると、「この後風向きが変わるので、その間に避難小屋に移動するように」と指示された。

 不安を隠せない百音が「動くタイミングがわからない」と弱音を吐くと、朝岡は「風向きが変わると音が変わる。百音なら、それがわかるはずだ」と励ました。その言葉を信じて、百音は目を閉じて耳を澄ませてみると、雨の音が弱まった。朝岡の言う通り「周囲が明るくなり、風向きが変わった」と感じた百音は、圭輔を背負いながら山小屋へ逃げ込んだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合