熊田曜子は不倫疑惑報道、夫は暴行、お互いに音声隠し撮り…暴露合戦で泥沼離婚かの画像1
熊田曜子のInstagramより

 早くも“泥沼”離婚の様相を見せ始めている――。

 3児の母で“ママタレ”としても活躍中のタレント、熊田曜子(39)が31日、突然、夫と離婚を前提に協議中であることを発表した。熊田は所属事務所を通じて、次のようなコメントを発表した。

「報道されています通り、令和3年5月18日の深夜、私が夫から暴行を受けたこと、身の危険を感じた私が警察に連絡したこと、駆けつけてくださった警察官に夫が逮捕されたこと、私がこの件について被害届を提出したことなどはすべて事実です」

「夫からの暴力行為は今回が初めてではなく、夫が帰宅する時間が近づくと恐怖を感じるようになってしまっており、そのような状態でこれ以上婚姻生活を継続することは難しいと判断し、所属事務所や弁護士さんと協議を重ねた上で夫と離婚することを決意し弁護士さんに離婚手続きを委任することとなりました」

 熊田といえば今月18日、会社経営者の夫・A氏と自宅で口論となった末にA氏から暴行を受け、熊田が110番通報してA氏が現行犯逮捕されていた。

 そして熊田が離婚協議を公表した31日に「FLASH」ウェブ版は、A氏が逮捕されたまさにその日、実はA氏が熊田に対して彼女の不倫を疑わせる録音データをつきつけていたと報道。A氏の代理人は「FLASH」の取材に対し、「『熊田さんに不倫を問い詰めた結果、口論になった』と供述したのは事実です」と答えている。

「熊田はこれまでもSNS上で、自分のつくった食事に夫が手を付けてくれないといった愚痴を綴ることも多かったですが、なかには、夫の母親、つまり姑からの食事の誘いを断ったことで姑から非難されたという投稿まであった。ダンナへの愚痴ならまだしも、姑への非難をわざわざSNS上で展開するというのは、尋常ではない。よっぽど家族関係がうまくいっていなかったのでしょう。

『FLASH』記事内での熊田の代理人の証言によれば、A氏が逮捕された日の口論を熊田が録音していたということですが、お互いに音声を隠し撮りし合っている時点で、夫婦関係は完全に破綻しているといえるでしょう」(週刊誌記者)

 また、別の週刊誌記者はいう。

「実は2~3週間ほど前から、芸能記者や業界関係者の間で、有名ママタレが枕営業か不倫をしていて、裏付ける音声データも存在するという情報が流れていて、裏取りに動き始めていた週刊誌もあった。もしかしたら、それが熊田のことだったのではないかと、さっそく話題になっています。熊田サイドは不倫の件を否定しており、そもそも夫婦関係は壊れていたことは間違いなく、すでに“非難の応酬”という様相を呈しており、現時点では、熊田サイドの主張も夫サイドの主張も、どちらも鵜呑みにはできません」

 今後の展開について、テレビ局関係者はいう。

「気になるのは、熊田による離婚協議の発表と、熊田の不倫を匂わす『FLASH』報道が“ほぼ同時”ともいえるタイミングで出たこと。双方がお互いの動きを探りながら、防御のためにアクションを取っている様子が伺えます。やはり熊田はタレントで所属事務所がバックについているだけに、夫と“情報戦”を展開していく上では一歩有利といえそうですが、『FLASH』の記事が出たことを見る限り、夫サイドもメディアと太いパイプを持っている。

 今後しばらくは、お互いにメディアを使って相手側のマイナスとなるような情報を暴露しあう展開も予想されます。そうなれば、熊田サイドが今後の芸能活動への影響をどこまで食い止められるかが、カギとなりそうですね」

(文=編集部)

 

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合