喫煙が最大のリスクに?専門医に聞く難病「加齢黄斑変性」の注意点&対処法とはの画像1
「gettyimages」より

 人間の目は、ものの大きさや色、奥行きなど、さまざまな情報を得るために必要な感覚器官だ。しかし、近年、加齢とともに視界が欠けていき、治療しなければ失明に至る病「加齢黄斑変性」を発症する人が増えているという。誰しも発症する可能性がある加齢黄斑変性について、専門医に話を聞いた。

喫煙が最大のリスクに

「私たちは、目の中にある『網膜』に光が当たることで、ものを見ることができます。この網膜の中心にあるのが『黄斑(おうはん)』という部位です。黄斑は光が直接当たるのでダメージを受けやすいのですが、通常はすぐに損傷を修復することができます。しかし、この修復メカニズムがさまざまな要因で崩れると、加齢黄斑変性(以下、黄斑変性)になってしまうのです」

 そう話すのは、眼科専門医の平松類氏。黄斑変性を発症すると、目の奥に新たに血管(新生血管)が生えて形状を変えたり、その新生血管が破れて出血したりと、さまざまな症状が現れるという。

「“ものを見る中心”にある黄斑の形が変わり、視界の“ゆがみ”を感じるのが主な症状です。なかには視界の一部が黒く欠けてしまう人もおり、そのまま放置しておくと、いずれ失明してしまいます」(平松氏)

 なんと、欧米では中途失明の原因として、この黄斑変性が1位になっているという。日本でも患者数が増えており、現在は日本人の中途失明原因の4位になっている。

「以前は日本人の発症例は少なかったのですが、この数年は増加傾向にあり、今後も増えるといわれています。原因のひとつは『食の欧米化』です。特に、ファストフードなどの高カロリー、高脂肪の食べ物は血流を悪くして、黄斑の修復サイクルを崩してしまうのです」(同)

 血流と黄斑変性の発症には深いかかわりがある、と平松氏。そのため、もっとも注意が必要なのは「タバコを吸っている人」だという。

「タバコは血流を悪くして黄斑をむくませたり出血しやすくしたりと、黄斑に悪影響を与えます。タバコを吸う人は吸わない人に比べて2~3倍、黄斑変性になりやすいといわれているので、タバコは最大のリスクといっても過言ではありません」(同)

 そして、もうひとつの原因は“高齢化”だ。実は、50代以降の中高年は黄斑変性を発症しやすいことがわかっているという。

「加齢によって黄斑が受けた光のダメージを修復する力が衰えるため、ダメージが大きくなっていくことが原因です。また、50歳を超えるとスマートフォンやパソコンから発するブルーライト(青色光)の影響もより強く受けるようになるので、黄斑変性の原因になります」(同)

 黄斑変性は加齢やタバコ、食生活などの生活習慣と直結している。聞き慣れない名前だが、とても身近な疾患なのだ。

早期発見につながるセルフチェック法

 失明にもつながる黄斑変性は早期発見・早期治療が重要となる。早めの発見を助けるのが「アムスラー検査」というセルフチェック法だ。

「アムスラー検査とは、縦線と横線が張り巡らされた格子状のものを片目ずつ見る方法です。格子状のものを見て『どこがゆがんでいるのか』『極端に見えにくい部位はないか』を判断することができます」(同)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合