新型コロナだけじゃない 専門家が指摘する「注意すべき感染症」とは?の画像1
※画像はイメージ。

 新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから1年以上が経過し、2021年4月現在は「第4波」に入っていると言われている。


 連日、テレビをはじめとしたメディアは新型コロナについて報道をしているため、つい新型コロナの情報ばかりに目が行ってしまいがちだが、感染症はそれだけではない。インフルエンザやはしか、結核、風疹をはじめ、私たちの身の回りには様々な感染症が存在している。


 そうした感染症に対して、私たちはどのように予防対策していけばいいのか。


 新型コロナをはじめとしたさまざまな感染症の予防対策が書かれた『感染症予防BOOK』(三笠書房刊)の著者で、公衆衛生学を専門とする医師・左門新氏にお話をうかがい、感染症を防ぐために必要なことを聞いた。


※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

 

■公衆衛生の専門家が考える「特に注意すべき感染症」とは


――『感染症予防BOOK』は新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザや結核、はしかをはじめとした様々な感染症のデータや解説が掲載されています。左門さんが特に注意すべきと考える感染症はなんでしょうか。


左門:まずは風疹ですね。風疹は現在でも流行していて、2019年には30代から50代の成人男性2000人近くが罹患しています。


 厚生労働省は現在、昭和37年度(1962年度)から昭和53年度(1978年度)生まれの男性を対象に、風疹の抗体検査と予防接種を進めています。これは、その期間に生まれた男性は風疹の予防接種が義務ではなかったからです。本来は子どもの時と大人になってから、2度接種する必要があり欧米ではそうして撲滅したのですが、日本では予防接種を受けたことがない年代もあるというのが実情です。


 なぜ風疹の予防接種を受けないといけないのかというと、妊婦へ感染させないためです。胎児が先天性風疹症候群を発症し、赤ちゃんに白内障や先天性疾患、難聴が残る危険性があります。風疹は世界でも妊婦が感染すべき感染症「TORCH」の一つ「R」(Rubella)に入れられているくらいです。


――確かに風疹はたびたび流行がニュースになりますよね。他に、特に注意すべき感染症はありますか?


左門:性行為感染症は注意してほしいですね。


 たとえば、女性の不妊症の3割から4割はクラミジア感染症が原因と考えられています。クラミジア感染症の病原体はクラミジア・トラコマチス菌とよばれる細菌で、子宮入口近くが炎症を起こす子宮頚管炎が起こります。さらにそこから奥に進行して卵管に及ぶと、下腹部痛や性交痛、出欠などが起きます。治っても卵管の癒着が残り不妊症になります。


 また、女性は7~8割が無症状、男性では5割が気付かないと言われています。多くの人が感染しながら気づくことの少ない病気で、自然治癒するものの、特に女性は知らないうちに生涯不妊になる可能性があります。


――気づかない可能性があるというのは怖いですね。


左門:そうですね。あとはB型肝炎も性行為で感染する恐れがあります。日本では2016年から乳児への定期予防接種が始まっています。長い間日本では医療関係者以外は受けていなかったのですが、これからは欧米同様、小児から成人まで全員が任意の予防接種を受けるべきだと思います。


――ワクチンの予防接種というと副反応のリスクから論争になります。


左門:日本人はリスクに対してのバランス感覚がなくて、0か100かで判断してしまう傾向があるように感じますね。予防接種を受けて得られるメリットの方が大きいから受けましょう、ではなくて、副反応が起こる可能性があるからダメという発想になりやすい。


――ゼロリスクの発想ですよね。可能性がある限りは、という。今後についてお話をうかがいたいのですが、新型コロナウイルスはどのように推移していくと思いますか?

RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合