NEW
榎本博明「人と社会の役に立つ心理学」

幼児期~小学生時の読み聞かせ・読書、その後の「学力」を大きく左右…実証的データで判明

文=榎本博明/MP人間科学研究所代表、心理学博士
【この記事のキーワード】

, ,

幼児期~小学生時の読み聞かせ・読書、その後の「学力」を大きく左右…実証的データで判明の画像1
「Getty Images」より

 読書はためになる。将来のために読書するとよい。だれもが子どもの頃に言われたセリフなのではないか。それが頭の片隅にあるため、わが子に本を読むようにと言う親が多い。読書が学力向上につながるなら、何とか読書習慣をつけさせたいと思うのが親心だ。

 でも、本を読むように言っても、子どもは素直に読むわけではない。読書が学力向上につながるというのは本当なのだろうか。それがはっきりしないことには、親としても子どもの読書習慣づくりになかなか本気に取り組めない。

読書と知的発達の関係

幼児期~小学生時の読み聞かせ・読書、その後の「学力」を大きく左右…実証的データで判明の画像2
『読書をする子は○○がすごい』(榎本博明/日本経済新聞出版)

 読書の効用については、さまざまなことが言われているが、本当のところどうなのか。そんな疑問をもつ人もいるだろう。そこで、実証的データを見てみよう。

 ただ直観的に言われているだけで、科学的根拠などないと思っている人がいるかもしれないが、読書の効果に関する各種調査データをみると、読書には本当に知的発達を促す効果があるようだ。

 たとえば、国立青少年教育振興機構の「子どもの読書活動の実態とその影響・効果に関する調査研究」によれば、子どもの頃によく読書していた中高生ほど、意欲・関心が高く、論理的思考能力が高いといった傾向がデータによって示されている。

 意欲・関心については、子どもの頃の読書活動が多いほど、「何でも最後までやり遂げたい」「わからないことはそのままにしないで調べたい」「経験したことのないことには、何でもチャレンジしてみたい」というように意欲や関心を強くもっていることが示された。

 論理的思考能力については、子どもの頃の読書活動が多いほど、「複雑な問題について順序立てて考えるのが得意である」「考えをまとめることが得意である」「物事を正確に考えることに自信がある」というように論理的思考能力に自信をもっていることが示された。

 さらには、そのような傾向は、就学前から小学校低学年の頃に絵本をよく読んだ者ほど顕著であり、また自分では本を読めないそうした年頃に家族から本や絵本の読み聞かせをしてもらったり昔話を聞かせてもらったりしたことの多い者ほど顕著であることが示された。

 その他の調査データでも似たような傾向が示されており、子ども時代に読書をすることが知的発達を促すというのは事実と言えそうだ。また、自分ではまだ本を読むことができない幼児期や小学校低学年の頃に親が本や絵本の読み聞かせをしたり、昔話をしたりといったことも、読書と同じく知的発達を促す効果をもつようだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合