生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

3月頃から続々とスタートしたスマートフォンキャリア各社の新プランは、業界の勢力図に大きな変化を及ぼしていそうだ。新プランの開始と同時期に行われた調査の結果、毎月5,000円以上の利用料金を支払っているユーザーが半数近く存在し、さらに現在の利用料金を高いと感じているユーザーも全体の65%にのぼることが明らかになったのだ。今回は、新プランで業界の勢力図にどのような変化が起こるのかを考えていきたい。

スマホ料金5,000円以上のユーザーが多数派に

 カードローンなどのお金に関する情報メディア「ゼニエモン」は5月28日、3月に実施した携帯電話・スマホの利用料金に関するアンケートの調査結果を公開した。その結果によると、月々の利用料金では「500円未満」が6.0%と、3,000円未満のユーザーが35%近くとなった。  しかし一方で「5,000円~1万円未満」が32.7%、「1万円以上」も13.3%と、合計で46%とほぼ半数が5,000円以上のプランを利用していることも判明している。「年代が上がるにつれて高い金額を払っている人が多い」という分析も伝えられており、もしかすると携帯電話…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合