NEW
榎本博明「人と社会の役に立つ心理学」

言葉を持たない赤ちゃん、なぜ3歳で“しゃべりまくる”ようになる?親が担う絶大な責任

文=榎本博明/MP人間科学研究所代表、心理学博士
【この記事のキーワード】

, ,

言葉を持たない赤ちゃん、なぜ3歳で“しゃべりまくる”ようになる?親が担う絶大な責任の画像1
「Getty Images」より

 赤ちゃんは1歳くらいから話し始めるが、これはよく考えてみると、じつはものすごいことなのだ。言葉をもたなかった子がいきなり話し始めるのだから。しかも、それから1-2年後にはうるさいくらいにしゃべりまくるようになっている。子どもの語彙の吸収力にはめざましいものがある。

話し始めるまでの言語能力の発達

言葉を持たない赤ちゃん、なぜ3歳で“しゃべりまくる”ようになる?親が担う絶大な責任の画像2
『読書をする子は○○がすごい』(榎本博明/日本経済新聞出版)

 赤ちゃんが言葉を話し始めるまでにはほぼ1年かかる。はじめのうちは泣き声がほとんどだが、生後2カ月くらいになるとクーイングも聞かれるようになる。クーイングというのは、「ヒュー」「アー」のような発声で、寛いでいるときに発するものだ。生後4カ月くらいになると、喃語を口にするようになる。喃語というのは、子音と母音で構成される、とくに意味をもたない発声で、機嫌の良いときに発する。そして、生後6カ月くらいになると、親などの養育者が発する言葉を模倣するようになり、いろんな声を出し、しきりに声遊びをするようになる。

 生後9カ月くらいになると、子どもと養育者という2者関係に事物(生き物も含む)が介在する三項関係がみられるようになる。そこでは指差し行動がよく用いられる。関心のある事物を指差し、養育者の目をそちらに向けさせ、一緒に注視する。これを共同注視という。その際、コミュニケーション言語の原初的形態としての発声がみられることが多い。何かを指差しながら「あ、あ」と言ったりする。

 それに対して、養育者が言葉と表情で反応する。「お花だね」「チョウチョが飛んでるね」「お腹空いたね」というように。こうしたやりとりを積み重ねることで、子どもは自分の関心や気持ちをあらわす言語を獲得していく。赤ちゃんは突然話し出すわけではない。こうした養育者とのやりとりを通して絶えず学習しているのである。

 そして、いよいよ1歳くらいになると、何を言っているのかはっきりとわかる意味のある言葉を口にし始める。最初に口にし始める言葉を初語という。典型的なのが、食べ物を意味する「まんま」だ。1歳になると、このような言葉をしきりに発するようになる。このように1単語で文として機能するものを1語文という。

コミュニケーション能力の発達をもたらす養育者の反応

 1語文には多様な意味があるが、それを養育者が共感的に解釈して反応することで、言語のもつコミュニケーション機能が発達していく。たとえば、「まんま」という発声に対して、その含意が「まんま、ちょうだい」だと思えば「まんま、ほしいの?」と反応し、「まんま、おいしい」だと思えば「まんま、おいしいね」と反応する。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合