NEW
丸谷健太「だからゲームがやめられない」

田中将大は負け越し?『パワプロ2020』で本年ペナントをシミュ!意外&夢のある結果?

文=丸谷健太/ライター

田中将大は負け越し?『パワプロ2020』で本年ペナントをシミュ!意外&夢のある結果?の画像1

 発生から2年を経ても収束が見えない新型コロナウイルスの影響下においても、昨シーズン培った感染対策のノウハウをもって今年は例年通り3月に開幕、現在も連日熱戦が繰り広げられているプロ野球。そんなプロ野球のシーズン開幕にあわせて、野球ゲームのほうも2021年仕様にバージョンアップしている。

 野球ゲームの代名詞的存在、『パワプロ』シリーズの最新作、『ebaseball パワフルプロ野球2020』(以下『パワプロ2020』)には、MLBから古巣楽天に帰ってきた田中将大選手に加えて、阪神の佐藤輝明選手を筆頭に、プロ1年目から主力として活躍する新人選手が登場。そのおかげで『パワプロ2020』内でも各球団、実際のプロ野球とほぼ同じオーダーを組んで試合や各種ゲームモードを楽しめるようになり、実質“パワプロ2021”ともいうべきゲーム内容へと進化している。

 そこで今回は、『パワプロ2020』に追加された最新データを使って、2021年のプロ野球の結果をシミュレート。リーグ優勝、日本一に輝く球団はどこなのか、注目選手の成績、意外な活躍を見せる可能性を秘めたスター候補などを探っていきたい。

リーグ優勝はあまりにも”ベタ”な結果に 日本一には多少の波乱

 検証は現実の2021年プロ野球と同じ日程で進んでいく『パワプロ2020』のペナントモードを、選手の操作、采配をCPU任せで消化させていくオート進行で実行。各球団のスタメンや1軍登録選手に関しては可能な限り今年のプロ野球開幕日だった3月26日の状態を再現。先発ローテーションに関しても開幕から1巡するまでの5ないし6試合で先発登板した選手を設定した状態でゲームをスタートさせている。

 ただし、1軍の外国人枠を5人とする特別ルール、1軍にベンチ入りできる選手数の増加といった、“コロナ禍仕様”ともいえる2021年限定のルールには、ペナントモードに(おそらくあえて)反映されていないため、『パワプロ』で再現することはできなかった。

 加えてケガで出遅れた選手や入国手続きの関係でチーム合流が遅れた外国人選手を指定の日時まで使用禁止にすることもできなかった(シーズンが始まるとCPUの判断で選手の入れ替えを行なうため)点もご容赦いただきたい。

田中将大は負け越し?『パワプロ2020』で本年ペナントをシミュ!意外&夢のある結果?の画像2
コロナウイルスにまつわるイベント(陽性反応が出た選手の入れ替えなど)、9回打ち切りルールは再現されていない。なお、東京オリンピック2020は確実に開催され、ゲーム内でも3週間ほどの中断期間が設けられる

 いざペナントレースを開始させてみると、やはりパ・リーグはソフトバンク、セ・リーグは巨人が頭ひとつ抜けだす展開でスタート。パ・リーグに関しては強力投手陣を擁する楽天と、投打が絶妙に噛み合った日本ハムが健闘して10月上旬までくらいつくも、セのほうはオールスター+オリンピック中断期間明けの8月には大勢が決する形に。レギュラーシーズン終了後のクライマックスシリーズでも波乱は起きず、日本シリーズはソフトバンクvs.巨人、結果は4-0でソフトバンク……という、まるで2020年のペナントレースをトレースしたかのような結果に落ち着いてしまった。

田中将大は負け越し?『パワプロ2020』で本年ペナントをシミュ!意外&夢のある結果?の画像3
写真は1回目のオートペナントの結果。2位争いを演じるチームの顔ぶれは2020年と異なるものの、リーグ優勝と日本一に輝いたチームは3年連続で同じ形に収まった

 こんなベタベタな結果ではあまりにも寒すぎる、なによりも企画倒れで記事にもならないということで、急遽同じ設定でペナントレースを計10回ほど繰り返してみた。しかしソフトバンク、巨人の安定感は抜群で、両チームともに9/10回、9割の確率でリーグ優勝を達成。優勝を逃した1回は、ソフトバンクの場合は楽天の快進撃(田中将、涌井、則本投手らがそろって大幅勝ち越し&規定投球回数達成)、巨人の場合は坂本選手のケガ、戸郷投手のスランプが重なっての失速と阪神の追い上げが重なって、ようやくリーグ王者の座を明け渡すという流れでしかシーズンの結果は変わらなかった。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合