生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

中国の通信機器大手・ファーウェイの逆襲劇が始まった。ファーウェイはスマホに搭載する独自OS「鴻蒙」(英語名ハーモニー)を6月2日にリリースすると発表した。

5G市場をめぐる覇権争いで米国から制裁を受け大きな打撃を受けているファーウェイ。かつては世界スマホ市場でシェア1位を誇ったこともあったが、現在はトップ5からも脱落、6位にまで落ち込んでしまっている。そんな苦境に立たされているファーウェイが今回、思い切った舵を切るようだ。行き詰まったハードウエア事業問題を乗り越え成長するために、今度はソフトウエア事業で世界に挑むらしい。今後、世界のスマホ業界にどう影響するのだろうか。

世界から締め出され首位から陥落。ソフトウエア事業で、世界主導めざす

 ファーウェイがスマホ向けの独自OSを6月2日にリリースする。創業者でCEOの任正非は従業員に向け「米国の制裁でハードウエア事業が行き詰まった問題を乗り越えて成長を続けるため、思い切ってソフトウエアで世界を主導しよう」と呼びかけている、とロイターが報じた。  2019年にトランプ前米大統領がファーウェイに対し米国製品の輸出禁止の制裁を…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合