NEW
水島宏明「メディアを読む」

『テラハ』検証で露呈、“テレビ放送”限定のBPOの限界…ネット配信の時代にそぐわず

文=水島宏明/上智大学文学部新聞学科教授<テレビ報道論>
【この記事のキーワード】, ,

 一方で、現在はNHKが「NHKプラス」で放送と同時に番組を配信し、民放も人気ドラマなどの放送後に「スピンオフドラマを(有料動画サービスの)○○で独占配信中!」などと誘導するのを見慣れて「放送」と「通信」が当然のように融合する時代を体感している視聴者には、「放送」に限定してBPOの権限を狭く解釈する姿勢に違和感を覚える人も多い。

 実際、テレビ局の映像コンテンツが「ネット上だけ」配信されるケースもある。2015年に水着姿の女性たちがラグビーボールを蹴る下半身にズームインし、露な胸元にボールを抱えてトライするような場面を日本テレビがネット上に配信した動画『セクシー・ラグビーボール』が日本スポーツとジェンダー学会などから抗議を受けたケースがあった。学会関係者によると、日本テレビ側はネットでの配信だから「放送基準などは適用されない」と当初説明したが、再質問後に「放送に準じるものと考える」と変更してきたという。

 ふだん「公共性」を意識するはずの放送局も、倫理やルールの縛りがないネットの世界では「倫理」を顧みない側面があるという一例だ。

 BPOの仕組みは諸外国と比べても、自律的に「倫理」を遵守するという日本独自の取り組みで歴史を重ねている。放送局がネット上に出す映像コンテンツにも準用する仕組みとして明確に位置付けるべきではないだろうか。

  現在の放送人権委員長である曽我部氏はこの時の会見で述べている。

「運営規則は我々が決めているのではなく、BPO全体ひいてNHKと民放で設置されているので、そちらの方でお考えいただくこと」

 BPOを設置したNHKと民放が合意すれば、放送に限定しないでネットの番組コンテンツについても検証する新しい放送・通信倫理機関をつくることは可能という考え方だ。すでに放送と通信は視聴者にとって区別できないほど複雑に混じり合っている。BPOはそんな時代に対応する組織に生まれ変わるための議論をぜひ進めてもらいたい。

(文=水島宏明/上智大学文学部新聞学科教授<テレビ報道論>)

●水島宏明

上智大学文学部新聞学科教授、元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター

1957年生まれ。東大卒。札幌テレビで生活保護の矛盾を突くドキュメンタリー『母さんが死んだ』や准看護婦制度の問題点を問う『天使の矛盾』を制作。ロンドン、ベルリン特派員を歴任。日本テレビで「NNNドキュメント」ディレクターと「ズームイン!」解説キャスターを兼務。『ネットカフェ難民』の名づけ親として貧困問題や環境・原子力のドキュメンタリーを制作。芸術選奨・文部科学大臣賞受賞。2012年から法政大学社会学部教授。2016年から上智大学文学部新聞学科教授(報道論)。放送批評誌「GALAC」編集長。近著に「内側から見たテレビーやらせ・捏造・情報操作の構造ー」(朝日新書)、「想像力欠如社会」(弘文堂)

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合