安倍氏、首相“再々登板”の機運、次期首相の有力候補の一人に…自民党員から高い人気の画像1
安倍晋三前首相のインスタグラムより

 今秋の自民党総裁選をめぐる政局が本格化してきた。キングメーカー争いで安倍晋三前首相と麻生太郎副総理兼財務相のコンビが表舞台で動き出したのだ。

 永田町で大きな注目を集めたのが、5月21日に発足した「半導体戦略推進議員連盟」だ。会長は甘利明・自民党税制調査会長。安倍氏と麻生氏は最高顧問に就いた。設立総会には約60人の自民党議員が出席、宏池会会長の岸田文雄前政調会長や清和政策研究会会長の細田博之元幹事長、平成研究会(竹下派)前会長の額賀福志郎元財務相といった派閥領袖クラスも顔を出した。

 第2次安倍政権発足当初、安倍氏、麻生氏、甘利氏に菅義偉首相(当時は官房長官)を加えた4人が安倍政権を支える「3A+S」と呼ばれた。久しぶりの3Aそろい踏み。麻生氏が挨拶で、「Aが3人そろえば、なんとなく『政局』という顔だが、間違いなく半導体の話をしに来た」と冗談を飛ばしたのは、政局色の打ち消しより、むしろ政局色を肯定したようなものだった。

 これに、メディアの政治部は一斉に反応。読売新聞が「首相の再選を視野に入れ、主導権を握るための動きなのではないか」という中堅議員の見方を示せば、時事通信は「首相の後ろ盾として存在感を増す二階俊博幹事長を牽制する狙いもありそうだ」と書いた。

「安倍氏と麻生氏にとっては、二階氏が最も目障り。2人は菅首相に対し、秋の総裁選での再選を後押しするから、その代わりに党役員人事では二階氏を幹事長から外せ、と要求しているらしい。今度の半導体議連を見ると、前回の総裁選で二階派とは一線を画す形で菅氏を共に推した細田派、麻生派、竹下派の3派閥が、今度の総裁選でも再び共同歩調を取るのではないかと思わせる。前回は出馬した岸田氏が今度も出馬できるのかどうか。岸田氏は3派閥に担いでもらうことを期待していても、現実には3派閥の後ろから一緒に付いて行くしかないでしょう」(自民党ベテラン議員)

岸田文雄氏の失速

 総裁選の焦点は菅首相の続投ありきで「安倍・麻生vs.二階」の主導権争いに思われるが、実は別の観測もある。

「安倍氏は本当に菅首相続投で方針を固めているのか疑問です。というのも、安倍氏は昨年来、菅首相はあくまで自身のピンチヒッターであり、今年9月で終わり、と考えているというのが側近の見方でした。つまり、菅首相が続投するかどうかではなく、安倍氏が狙っているのは、キングメーカーで居続け、政権や党に強い影響力を与え続けることなのではないか」(自民党中堅議員)

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合