生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

日本では、スマホの66%をiPhone(iOS)が占めているそうだが、海外では決してそんなことはない。実際、Appleがある裁判で提出したデータによると、2020年初頭、世界では26%ものiPhoneユーザーがAndroidに乗り換えていたという。これはいったいどういうことなのか? そこで今回は、Androidユーザーの筆者が世界的なスマホシェアの動向を解説する。

なぜか日本だけで66%ものシェアを誇るiPhoneの不思議

 アナタのスマホはiPhone? それともAndroidだろうか? この問いに対し、おそらく日本人の7割近くが「iPhone」だと答えるだろう。マイナビニュースの記事によれば、2021年4月時点で日本のスマホの66%はiPhone(iOS)だというのがその根拠である。だが、これは世界的に見るとかなりレアケースだ。実は、世界のスマホの72.2%はAndroidで、iPhoneのシェアはわずか27%にすぎないのである。  世界的にAndroidが支持される理由は容易に想像できる。AndroidはオープンOSで、どのメーカーでも自由に利用できるため、新興…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合