生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

世界のスマートウォッチ市場が着実に成長する中、2020年におけるAppleの市場シェアは40%を占めると調査会社のCounterpoint Researchから報告されるなど、多くのスマートウォッチの中でも人気が高い「Apple Watch」。中でも人気が高く、最新機種であるApple Watch Series6は現在、Apple Storeオンラインで47,080円から販売されているが、製造コストは約15,000円であることが判明した。その差額、約32,000円はAppleのブランド代金といったところか?

高速化&電力消費量を削減したプロセッサ+メモリが一番の高コスト部品

 Counterpoint Researchが作成した部品表によると、最も高価な部品はプロセッサ+メモリで全体コストの24%を占めている。Series6にはS6というシステム・イン・パッケージ(SiP)が搭載されており、これは前世代のS5よりも20%高速であるほか、消費電力も大きく削減。また、1GBのDRAMと32GBのストレージ、Bluetooth 5.0をサポートするW3チップ、正確な位置追跡を…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合