『オモウマい店』高視聴率を生む常識を覆す仕掛けとは?グルメ番組ブーム再来の裏側の画像1
ヒューマングルメンタリー オモウマい店 – 中京テレビ」より

 4月から火曜夜7時台で始まった『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(日本テレビ系)が好調だ。

 6月8日のオンエアは世帯視聴率12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、個人視聴率7.1%とハイアベレージを記録。これはもちろん民放の同時間帯トップを誇っており、裏番組『オトラクション』(TBS系)の同日の個人視聴率1.6%を5ポイント以上も上回っている。

 日本全国の「オモてなしすぎでオモしろいウマい店」を探す『オモウマい店』は12年間放送されてきた『火曜サプライズ』の後番組としてスタートしたが、なぜスタート直後から人気番組となっているのだろうか。これは『火曜サプライズ』の後に同じグルメ番組を配置した日テレの勝利ともいえるが、それ以外にも、『オモウマい店』にはグルメ番組の定番を覆すさまざまな“仕掛け”があるという。

 今、再び台頭してきたグルメ番組ブームとともに総括する。

『オモウマい店』ならではの“発明”とは?

『オモウマい店』で特徴的なのは、ナレーションがほぼ皆無であるということ。店に関する必要最低限の情報については、“店内で毎日製麺”“大盛り注文の方はけんちん汁おかわり無料”など、テロップでフォローされている。民放のバラエティでここまで“ノーナレーション主義”を貫くのは珍しい。

 さらにグルメ番組といえば、まずリポーターが町を歩きながら店を見つけて入店。メニューを見て注文し、試食、という流れが一般的だが……。

「この番組は、こうした段取りをすべてすっ飛ばし、いきなり店内の映像から入っている。その上、店の場所も番組中盤になってようやく明かすという仕組みになっています。これまでのグルメ番組の“ルーティン”を外したことが、目新しさを生んでいます」(テレビ局関係者)

 さらにもうひとつ、この番組ならではの“発明”があるという。

「この『オモウマい店』では、まさにその店の様子がオンエアされている火曜当日の店内にカメラが入り、テレビに映っている自分を見て、店主がどんなリアクションをするのかを撮影。さらに、放送翌日の店にも密着し、反響まで追跡しています。どちらかといえば、日々ネタ探しに追われるテレビマンは『オンエアしたら終わり』という考えが根強い。しかし、同番組は、一度取材したキャラクターの良い店主をこうして“有効活用”していると言っても過言ではないのです」(同)

 また、同番組では取材の過程も斬新な手法を採っているという。

「飲食店への取材交渉は、えてして電話でおうかがいを立てるところから始まるものですが、『オモウマい店』ではディレクターがカメラを持って店に行き、その場で交渉していることが多い。いきなり相手の懐に飛び込むのはリスクがありますが、その場で取材OKしてくれるような店は、たいてい器が大きいし、人間的な魅力にあふれていることが多いはず、という算段でトライしているのでしょう」(同)

『火曜サプライズ』ではタレントによるアポなし取材が人気だったが、それをさらに進化させているということだろう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合