『大豆田とわ子と三人の元夫』が傑作であるワケ…脚本・坂元裕二、女優・松たか子のすごみの画像1
『東京ラブストーリー』など数々の傑作ドラマを描いてきた脚本家・坂元裕二が3年ぶりに手がける『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)。業界内では「今クールでベストの傑作」との評も。(画像は同番組公式サイトより)

 6月15日に最終回を迎える連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)。松たか子が演じるバツ3の主人公・大豆田とわ子と、そんな彼女に未練たっぷりな3人の元夫(松田龍平岡田将生角田晃広)が織りなすラブコメドラマだが、視聴率は5~6%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を推移し、苦戦を強いられている。しかしネット上ではすこぶる反響がよく、業界内では「今クールでベストの名作ドラマ」との声も上がるほど。

 いったい本作は、何がそんなに一部ファンから評価されているのだろうか。あるテレビ誌の編集者はこう分析する。

「まず、いわずもがなですが坂元裕二さん脚本によるところが非常に大きい。2018年に『anone』(日本テレビ系、主演/広瀬すず)を書き終えた後に、『しばらくは連ドラをお休みして舞台や映画に専念する』と宣言した坂元さんが、約3年ぶりに書き下ろしたのが本作。当然、業界内の注目度も高かったのですが、視聴率的に苦戦したのは、やはり脚本家の名前だけでは視聴率が取れない時代だということでしょうか。

 とはいえ、3年ぶりの坂元脚本はさすがの一言で、軽妙な会話劇と愛すべきキャラクター設定、そして予想できないほどのウェルメイドな展開は、まさに絶賛されてしかるべきレベルの傑作。『東京ラブストーリー』で坂元さんが30%超の視聴率を獲得したのはちょうど30年前の出来事ですが、それから30年たっても、その筆はまったくサビれてませんし、むしろ進化している。彼が昔ほど連ドラ脚本を量産しなくなった今だからこそ、非常に価値の高い作品だと思います。各局のプロデューサーや人気俳優たちがこぞって坂元脚本を望むのも、むべなるかなというものです」

完成度の高い坂元裕二脚本を、飄々と演じ切る松たか子という女優

 ドラマの完成度は高いはずなのに低視聴率――。それは、「主演・松たか子」によるところも大きいのだろうか?

「確かに、『松たか子さんでラブコメ』という企画に、世間がそれほどのヒキを感じないというのもわからないではない。しかし、ではほかにどの女優なら成立したのかと考えても、松さんしかあり得ないんですよね。それぐらい、大豆田とわ子を演じる彼女はとてもチャーミングだし、彼女を起点に、坂元脚本がしっかり躍動しています。

 バツ3でシングルマザー、仕事も大変だし元夫を含む男たちも言い寄ってくる。決して“等身大の女性”を描く物語ではありませんが、彼女のリアクションや悩みはとてもリアリティがあふれている。そこにエスプリがこれでもかというぐらい効きまくるので、ラブコメというより、もはやテンポのいいフランス映画のよう。映画『アメリ』のような世界観を、うまいこと“働く女性モノ”に落とし込んであり、“技アリ”としかいいようのない脚本。そして、その完成度の高い脚本を、松たか子という女優が飄々と演じ切れていることもすごい。なので、松さんじゃないとダメなんです」(前出・テレビ誌編集者)

『大豆田とわ子と三人の元夫』が傑作であるワケ…脚本・坂元裕二、女優・松たか子のすごみの画像2
90年代に“トレンディドラマブーム”を巻き起こした恋愛ドラマ『東京ラブストーリー』。主演の鈴木保奈美は当時24歳であった。(画像は2015年にポニーキャニオンから発売された同作のBlu-ray版ジャケットより)
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合