NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

『着飾る恋には理由があって』なぜ“死角なきドラマ”が不発?川口春奈の不運とTBSの誤算

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
『着飾る恋には理由があって』なぜ死角なきドラマが不発?川口春奈の不運とTBSの誤算の画像1
火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』|TBSテレビ」より

 TBS火曜22時台の『火曜ドラマ』は、昨年1月期の『恋はつづくよどこまでも』以降、好調をキープしてきた。とりわけ終盤の強さはすさまじく、右肩上がりで最終話を迎えることが定番化していたが、どうも今春の『着飾る恋には理由があって』は雲行きがあやしい。

 主演は昨年の大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)で株を上げた川口春奈(26歳)で、横浜流星(24歳)、丸山隆平(37歳)、高橋文哉(20歳)、向井理(39歳)の20・30代イケメンが強力にサポート。さらに、中村アン(33歳)と夏川結衣(53歳)、乃木坂46の新センター・山下美月(21歳)、癒やし系芸人の飯尾和樹までキャスティングのバランスは今春トップクラスと言っていいだろう。

 スタッフも、『リバース』『アンナチュラル』『中学聖日記』『MIU404』らを手がけたチーフ演出・塚原あゆ子×プロデュース・新井順子のコンビで不安なし。脚本の金子ありさもラブストーリーの経験豊富なベテランで、昨年も『恋はつづくよどこまでも』をヒットさせたばかりだ。

 どこにも死角がなかったはずのドラマが、それほど盛り上がりを見せることなく終わろうとしているのはなぜなのか。掘り下げていくと当作と川口の不運が見えてくる。

イケメンはいるが共感とキュンがない

『火曜ドラマ』の好調を支えてきたのは、主に「ヒロインへの共感」「“キュン”シーン」「イケメン」という3要素だった。そのことは『恋はつづくよどこまでも』『私の家政夫ナギサさん』『この恋あたためますか』『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』を思い出してもらえればわかるのではないか。

 その3要素から、あらためて『着飾る恋には理由があって』を見ると、視聴者の支持を集めているのは「イケメン」だけに留まっている。

 川口が演じる真柴くるみは、オシャレな服で着飾り、SNSには多くのフォロワーがいて、仕事も華やかで、表参道のオシャレな家に住んで、周囲にはイケメンだらけで、悩みを聞いてくれる年上の女友達やプロのカウンセラーがいて、かわいいボーダーコリー犬と触れ合えて……。ヒロインに共感しようと思ってもできないほど恵まれすぎているのだ。

 この点で等身大の役をもらい、共感を得やすかった上白石萌音、多部未華子、森七菜らとの差は大きく、視聴者が「くるみの恋を応援しよう」という気持ちにさせられていない。

 また、毎週“キュン”シーンを盛り込んでいるが、それが視聴者にときめきを与えられていない感がある。

 たとえば6月8日放送の第8話でも、「くるみがソファで寝た藤野駿(横浜流星)のほほをつつき、目を覚ました駿がくるみの髪を優しくなでる」「思いを寄せ続けた葉山祥吾(向井理)がくるみの顔をのぞきこんで『すっぴん初めて見た』と言われる」「駿と葉山が『遠慮はしない』『はじめに泣かせたのはどっちですか』と自分を取り合うように口論する」「くるみが葉山と自転車で2人乗りして腰にしがみつく」「仕事に没頭する駿をくるみが励まし、愛情を確認し合うようにハグする」などのシーンがあった。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合