生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

官公庁のSNSのアカウントはお堅いイメージが付きまとうもの。霞が関で、なかでもお堅い官庁だと言われてきた農林水産省がここにきて、いろいろとバズり(ネット上で拡散)始めているようだ。6月10日の「ところてんの日」にちなみ、ツイッターに投稿したところ、これがこれまでの同アカウントからは考えられないレベルで盛り上がっている。

お堅いイメージを払拭する、親しいを感じるSNSが今後は増える?

ネット民大爆笑! 農水省が「ところてんの日」にSNSでバズった理由とは?の画像1
「ところてんの日」Twitterで話題になりバズったツイート(農林水産省のTwitterから引用)

 官公庁や公人もSNSを使い、情報の発信やコミュニケーションを図ろうとしているが、内容は難しく堅苦しいものばかりといった印象がぬぐえない。ところが最近では、それがあなどれない様子。
 例えば、国会議員の河野太郎規制改革担当相のツイッター。その内容が面白いことから、高い人気を得ており、“神業”とまで称賛されるエゴサ能力を生かしたつぶやきをはじめ、「時計批判への返し」さらには「恋愛相談」など伝説が生まれているほどだ。

 今回バズった農水省の投稿は、6月10日に投稿されたツイート(@MAFF_JAPAN)だ。「清涼感のある見た目、プルプルした食感、心地よい喉ごし…まさしく今食べたい食品 #とこ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合