生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ソフトバンクが思い切ったコンセプトのスマートフォンを投入してきた。なんと、世界的カメラメーカーのライカが全面監修した機種をリリースするという。フィルムカメラを思わせる巨大な背面カメラがインパクトのあるフォルムだが、そのデザインに負けず劣らず衝撃的なのが187,920円という本体価格。ちょっとしたハイエンドスマホを上回る価格設定で気軽に手を出しづらいようにも感じる。しかしもしこのスマホがヒットしたら、今後一芸に秀でたスマホのリリースがトレンドになる可能性も秘めているのかもしれない。

ソフトバンクからカメラ特化のライカスマホが登場!

スマホが『18万円』! ソフトバンクがライカ全面監修の「Leitz Phone 1」を独占販売!の画像1
「Leitz Phone 1」 ライカシルバー(シャープ製)スマホでは複数レンズの搭載が流行しているが大きなレンズが1つだけ搭載されている(ライカカメラ社リリースより引用)
スマホが『18万円』! ソフトバンクがライカ全面監修の「Leitz Phone 1」を独占販売!の画像2
「ケース」ブラック(同梱) 「レンズキャップ」シルバー(同梱)。(ライカカメラ社リリースより引用)

 

 ソフトバンクの発表したシャープ製5G対応スマホ「Leitz Phone 1(ライツ フォン ワン)」の最も大きな特徴は、やはり“ドイツのカメラメーカー・ライカが全面監修した機種”であることだ。この機種は6月18日から予約を受け付けており、実際の発売は7月以降になると伝えられている。  HP上の製品紹介ページでは、「1インチ大型センサー搭載」の優れた集光力で、「豊かな階調表現と高精細で鮮明な画質」という「ライカらしい優れた描…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合