渡部バブル崩壊で飽きられた?アンジャッシュ児嶋一哉のYouTubeが急失速の裏事情の画像1
児嶋だよ! – YouTube」より

 ここのところ、アンジャッシュ・児嶋一哉のYouTubeチャンネル『児嶋だよ!』の再生回数に陰りが見られるという。いったい、何が起きているのだろうか?

「昨年7月に配信した瑛人の『香水』をカバーした動画は約307万回、同じく昨年7月の“地雷メイク”を施した動画も約300万回と、メガヒットを連発。児嶋は一躍、人気YouTuberに躍り出ました」(芸能ライター)

 その効果でテレビへの露出も激増するなど、児嶋にとっては“第2次黄金期”を迎えたわけだが、現在の再生回数はどうなのだろうか?

「いずれも6月19日時点ですが、3日配信の『48歳児嶋vs芸歴48年ガチャピン 最強決定戦』は約6万4000回。5日の『新しい服買ったから最近の児嶋のコーデを見てほしい』は約5万5000回、11日に投稿された『独身アラサー女性のモーニングルーティンを見る児嶋』は約6万6000回です」(同)

 他にも、児嶋がフルーツサンドを食べる回は16万回と、10万回を超えるコンテンツもあるにはあるのだが、一時期の“無双ぶり”に比べると、その勢いは失われつつある。その要因として、どんなことが考えられるのだろうか?

「まず、単純に飽きられたこと(笑)。50歳を目前にした中年男性が地雷メイクに挑戦するなど、そのギャップが最初は新鮮だったのですが、最近はその“かわいい”を推しすぎることで、逆にインパクトがなくなってきています。児嶋が、いわゆる“港区女子”になりきる動画は約10万回、9日に配信された児嶋がストッキングをいろいろ穿いて試すという謎の回は約4万4000回。つまり、もはや食傷気味なのです」(テレビ局関係者)

 さらに、相方・渡部建への反発が少なくなったことも影響していると考えられるだろう。

「児嶋がYouTubeチャンネルを開設したのは昨年7月。ちょうど渡部がスキャンダルで無期限の活動自粛を発表した直後だったこともあり、急激に登録者数を伸ばしました。しかし、その注目度も渡部が完全に消えたことに比例するかのように下がっていきます。つまり、世間の“渡部憎し”の声が児嶋の好感度を何割も高めていたのですが、渡部へのバッシングも一息ついた感があり、それと同時に児嶋にも目が向かなくなったということでしょう」(同)

 それでも、児嶋のYouTubeチャンネルは6月8日に登録者数90万人に到達。夢の大台100万人まで手が届くかというところまできたのだが……。

「日本のYouTubeチャンネル統計情報『ユーチュラ』の予測によると、19日時点で100万人達成は来年3月4日の見込みとのことです(過去30日間の実績に基づいた予測)」(前出の芸能ライター)

 6月18日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、有吉弘行が渡部の長期にわたる活動自粛について「刑務所にでも入ってるの?」と、まるで犯罪者のような境遇に置かれた彼を思いやっていたが、“渡部バブル”の恩恵にあずかった相方・児嶋は今、何を思うのだろうか?

(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合