NEW

回転寿司業界トップ「スシロー」が独走状態に入りそうなワケ!

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】

, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

現在、日本国内の飲食店は新型コロナウイルスの感染拡大によって苦境に立たされている。一方、海外では感染拡大が落ち着きつつある国も出てきており、そこをめがけて日本の外食企業が海外進出を加速させているという。特に目立って海外進出しているのが、回転寿司チェーンだ。そして、いまスシローが絶好調たる背景とは!?

回転寿司チェーンは海外進出に向いている

回転寿司業界トップ「スシロー」が独走状態に入りそうなワケ!の画像1
(Image:MeSamong / Shutterstock.com) 現在スシローは、国内に596店舗(2021年6月現在)。海外は、韓国での14店舗、台湾で9店舗、香港1店舗、シンガポール1店舗(※店舗数は、2019年9月現在)

 コロナ以前、日本は多くの外国人が訪れるインバウンドブームだった。「和食」はユネスコの無形文化遺産にも選ばれ、それをきっかけに健康的で四季を感じられる日本食のファンになったという海外の人も多いという。そしてコロナ禍のいま、日本国内の飲食店は活路を求め、日本食好きが多くいる国への進出を加速させている。なかでも海外進出が盛んなのが、回転寿司チェーン。「SUSHI」という言葉が世界で通じるほど定着していることに加えて、似た業態は世界を見渡しても見当たらないという事情から、進出国での評判は軒並み良いという。

 寿司が海外でも受け入れられている点以外にも、回転寿司チェーンが海外進出に向いていて、日本企業が優位に競争を進められる理由がある。それ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合