もうテレビはネットに勝てないのか?低視聴率の『ラヴィット!』が見せた意外な影響力の画像1
ラヴィット!|TBSテレビ」より

 ここ数年、明石家さんまがYouTubeを敵視するようなコメントをよくしている。娯楽の王様だったテレビの覇権をネットに奪われるという、危機感ゆえの発言だろう。

 しかし、残念ながら、さんまの思いとは裏腹に、テレビはゆるやかな衰退が始まっているという。これまで多くのブームや人気者を生み出してきたテレビが“機能不全”に陥っているというのだ。いったい、どういうことなのだろうか?

YouTube発の人気者がテレビに進出

「今、人気者になるのはYouTube発の人材ばかりなのです。たとえば、『世界一受けたい授業』や『行列のできる法律相談所』『1億3000万人のSHOWチャンネル』など日本テレビの番組を中心によく露出しているポップスピアニストのハラミちゃん。突然、街なかで演奏するストリートピアノが話題となり、知らない曲でも一度聴けば“耳コピ”で弾けてしまうという天賦の才能で、一躍テレビでも有名になりました。

 さらに、TikTokで女性日本一のフォロワー数(710万人)、その総再生回数20億回以上という景井ひな、SNSの総フォロワー数500万以上を誇るインフルエンサー・なえなの、キャラ濃いめのボイストレーナー・しらスタなど、テレビでもよく見かけるようになった顔はみんな、YouTubeなどのネットコンテンツでバズったことで人気に火がつきました。

 つまり、極端に言えば、テレビはもはやYouTubeのトレンドの受け売り、または弱体化している現状をインフルエンサーを出すことで何とか補完しようしているのです」(テレビ局関係者)

 確かに、モデルのねお、男女のYouTuberのヴァンゆんやパパラピーズなど、今やテレビでも頻繁に見かける顔にはYouTuberが多い。

「兄・卓也と弟・有輝の兄弟YouTuber・土佐兄弟はワタナベエンターテインメント所属の若手芸人ですが、早くも『あるある土佐カンパニー』(テレビ朝日系)という冠番組まで持ってます。テレビというこれまでの“正規ルート”でのし上がろうとしたら、何十倍、何百倍の時間や露出が必要だったことでしょう。つまり、YouTubeからテレビへの“メディア逆輸入”が起きているのです」(同)

“過去の人”を掘り起こし始めたテレビ

 YouTubeが人気者を輩出し続ける一方で、テレビからはオリジナルスターが生まれにくい状況にあるという。それは、なぜだろうか?

「そもそも、スターを地道に育てようという土壌がテレビにないからです。そして、とにかく目立つ、おもしろい素材しか探していないからです。これまではタレントの数も多かったので、いくら切り捨てても新陳代謝がうまくいっていましたが、少子化の影響などもあり、小粒は育つも、それ止まり。

 このように、テレビが次々と消費するメディアであるのに対し、YouTubeは確固たるプラットフォームであり、いわば自分だけのテレビ局を持つことができます。もちろん、そこで人気者になるのも簡単ではありませんが、動画の再生回数と向き合いながら自分のスキルや持ち味を高めていくなど、自分なりの戦法を取ることができます」(同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合