TBS小林廣輝アナ、四股交際の報道…全出演番組降板が不可避か、アナ職の継続難しくの画像1
小林廣輝アナのインスタグラムより

 今月発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)で、テレビ朝日の人気アナウンサー・斎藤ちはるとの熱愛に加え、航空会社に勤務する別の一般女性との二股交際が報じられていたTBSの小林廣輝アナ。報道後に出演した13日放送の情報番組『アッコにおまかせ』内では「お騒がせして、大変申し訳ございませんでした」と謝罪したが、事態は収まりそうにないようだ。

 小林アナといえば、高校時代に「ジュノン・スーパーボーイコンテスト」でベスト20に選ばれるほどの端正なルックスで、さらに慶應義塾大学卒で米国ユタ大学への留学経験もあるという“ハイスペック男子”として知られている。入社3年目ながら、平日は帯の報道番組『Nスタ』、日曜は『アッコにおまかせ!』とTBSの2つの看板番組に出演するなど、局からも将来を期待されている様子がうかがえる。

「まだ3年目ですが、アナウンサーとしての仕事もそつなくこなせるし、積極的に企画出しなどもやっているようで、局内での評判は悪くはないですよ。あとは、人気急上昇中で局としてもプッシュ中の宇賀神メグ(アナ)と同期という印象が強いですね」(TBS関係者)

 そんな小林アナを、またしても「FRIDAY」のスクープが襲った。25日発売の同誌によれば、小林アナはすでに報じられた斎藤アナと一般女性以外にも2人の女性と同時に交際していたという。もし事実なら、小林アナは“四股交際”をしていたことになるが――。

「小林アナは『Nスタ』という帯の報道番組に出ていることもあり、斎藤アナと別の女性との報道が出た時点で、アナウンス部の上は相当おかんむり。特にアナウンスセンターの局長待遇で小林アナの上司にあたる安住紳一郎アナも問題視しているという噂もあるほど。今回の『FRIDAY』では、小林アナの交際女性に対するかなり酷い言動も赤裸々に書かれていますが、主婦層がメイン視聴者である夕方のニュース番組『Nスタ』の降板にとどまらず、とりあえずは全番組出演見合わせは避けられないのでは。

 特に斎藤アナは他局の人気アナなので、ウチの会社的にも、何事もなかったかのように小林アナをテレビに出させるというのは、憚れるところ。やはり、そこは気を遣うでしょう」(TBS関係者)

アナに厳しい“報道のTBS”

 また、他のキー局関係者はいう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合