生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

かつて、「スタバはないけどスナバ(砂場)はある」という自虐ネタで注目を集めた鳥取県。2014年当時、鳥取県にはスターバックスが1店舗もなく、「日本で唯一スタバがない県」として話題になったものだ。

その後、2015年にスターバックス鳥取1号店がオープン。全国どこの都道府県もスタバが飲めるようになってしばらく経つが、各都道府県の店舗数は現在どのようになっているのだろうか。

スタバが少ない都道府県1位鳥取&島根に次ぐのは…

スターバックスが少ない都道府県ランキング、同率1位で鳥取県・島根県に次ぐ2位はどこ?の画像1
(Image:Nixx Photography / Shutterstock.com) 全国のスターバックス店舗数は1,637店舗(2021年3月末時点)

 全国で最もスターバックスの店舗が少ないのは、鳥取県と島根県が4店舗で同率に。2013年までスタバのない都道府県は鳥取県と島根県の2カ所だったが、島根県が2013年に1号店をオープンして抜け駆け。しかし鳥取県も負けじと2015年に1号店をオープンし、今では肩を並べている。
 そんな2トップに次ぐのは、県内に5店舗を有する徳島県。余談だが、徳島県といえば百貨店の店舗数が最も少ない(0店舗)都道府県としても知られている。そんな徳島県に次ぐのが、高知県で6店舗。四国から2県が上位にランクインした。

 逆に、スターバックス店舗数が最も多いのは…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合