松本人志の「コア視聴率重視」発言で浜田雅功の番組が終わる日…テレビ業界の危惧と本音の画像1
ダウンタウン プロフィール|吉本興業株式会社」より

 ダウンタウン・松本人志のツイッターでの発言が、日本のテレビ業界や各メディアに少なからず影響を与えている。

 松本が最初に牙をむいたのは、6月12日放送の『キングオブコントの会』(TBS系)の世帯視聴率を報じたネットニュースに対して。「ネットニュースっていつまで“世帯”視聴率を記事にするんやろう?その指標あんま関係ないねんけど。。。」と苦言を呈した。

 さらに、同番組がコア視聴率(特定の世代を対象にした視聴率)では横並びトップだったことを挙げ、「低視聴率みたいなミスリードは番組を観てくれた皆さん。後輩達に申し訳ない気がします」と、楽しんでいた視聴者や同番組に参加した後輩芸人に対する思いを語った。

「同番組の視聴率は世帯6.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、個人は4.1%。3時間という長丁場のため、1時間枠が多かったこの日の他局のレギュラー番組と一概に比較はできませんが、M2(男性35~49歳)は5.4%、F2(女性35~49歳)は6.9%と、同時間帯の他番組を大きく引き離しています。特に顕著なのが、M2の積極視聴です。この時間でM2の個人が5%を超えてくることは、ほぼない。

 これは『キングオブコント』のブランド力はもちろん、“松本人志が民放で20年ぶりのコント”という宣伝も大きく寄与したものと思われます。M2、F2は『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)の直撃世代ですからね」(テレビ局関係者)

 その1日後、今度は2度目の全国放送となった『千鳥の相席食堂ゴールデンSP』(テレビ朝日系)の世帯視聴率が5.8%だったことを報じた別のネットニュースについて、松本は「これぞ勉強不足のバカライター。コア視聴率はしっかりとってる。じゃないと第二弾あるわけない」と憤慨していた。

「今回の『相席食堂SP』の個人は3.3%。T層(男女13~19歳)=2.3%、M1(男性20~34歳)=2.8%、M2=3.6%、F1(女性20~34歳)=3.2%、F2=3.6%でした。この日、同じ2時間番組でのコアのトップは『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)、『マツコの知らない世界』(TBS系)になっています」(同)

 松本はこれまでも、自身に関する報道に相違点などがあればツイッターで反論したり訂正を求めたりしてきたが、視聴率に関する記事にここまで強い口調で異論をぶつけたのは異例だろう。

 さらに松本は、この件について20日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも「大前提としてネットニュースで視聴率を記事にすること自体、やらなくていいと思う。視聴者には関係ないことなんで」とバッサリ。

 その上で、「世帯視聴率が今、高くてもコア視聴率が低いと番組は終わっちゃうんです」「逆に言うとコア視聴率さえ高ければ、世帯視聴率が低くても続くんです。今、重要視されているのは、スポンサーもテレビ局もコア視聴率の方なんです」と説明していた。

『紅白』や『箱根駅伝』の視聴率記事も消滅?

 これらの発言以降、メディア各社は視聴率に関する記事について自重気味のところがあるようだ。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合