NEW
小林敦志「自動車大激変!」

新型アクア&カローラクロスは大ヒット確実…トヨタ、異例の新型車ラッシュの販売事情

文=小林敦志/フリー編集記者

 セールスマンも「ヴァンガードなど絶版となったSUVに乗られるお客様とともに、C-HRやボディサイズの大きさに不満を持つRAV4に乗っておられるお客様へもアプローチしていく予定です」と増販に余念がない様子。

 クロスオーバーSUVでは、世界市場のトレンドを見れば、あとフルサイズで3列シートをメインとするモデルが導入されれば、トヨタの国内販売では“フルラインナップ”が揃ったといえ、ラインナップが完結すれば、強いこだわりがない限りは、トヨタ内で「RAV4もいいけど、大きいからカローラクロスかな」というように、他メーカーへお客が流れにくくなるのは間違いないだろう。

 それでは、なぜトヨタがこのタイミングで“怒涛”ともいえるニューモデル投入を進めるのかが気になるところだが、そのあたりの事情については次回に詳述したい。

(文=小林敦志/フリー編集記者)

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合