マック、超人気バーガーの復刻版がまさかの大不評…香料がきつすぎるシェイクなど要注意商品の画像1
マクドナルドの店舗

 新型コロナウイルスの影響で多くの飲食店が苦しむなか、大手ハンバーガーチェーンのマクドナルドは好調な売り上げを叩き出している。5月全店売上高が前年同月比6.7%増、既存店売上高が前年同月比5.7%増と、相変わらず敵なし状態なのだ。

 そんな日本マクドナルドの1号店ができたのはちょうど半世紀前で、今年は50周年を記念したさまざまな取り組みを実施。特別パッケージとして紙袋やポテト・ナゲットの箱に、アメリカンヴィンテージ感漂う米マクドナルド創成期のキャラクター「スピーディー」がデザインされている。公式ホームページにも50周年特設サイトが開設され、これまでのマックの歴史をアニメーションとともに振り返ることができるようになっているのである。

 お祝いモードに包まれたマックでは、夏の新作商品も登場し、話題を集めている。それらは評判が高い商品も多いが、なかには予想に反して不評の声が上がる商品もある。そこで今回は「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が厳選した「この夏、買ってはいけないマクドナルドのメニュー5品」を紹介していく。

テキサスバーガー2021/490円(税込、以下同)

マック、超人気バーガーの復刻版がまさかの大不評…香料がきつすぎるシェイクなど要注意商品の画像2

 復刻が発表されてからユーザーの期待値がかなり高かった「テキサスバーガー2021」。この商品は、20年10月に公式Twitterにおいて、“もう一度食べたいハンバーガー”を募った「#私の推しバーガー」企画で、多くのリクエストが寄せられた3商品のうちのひとつである。

 初代「テキサスバーガー」といえば、スパイシーなバーベキューソースと粒マスタードレリッシュの2種類のソースに、サクサク食感のフライドオニオンとベーコンがアクセントとなった逸品だった。しかし、今回復刻した「テキサスバーガー2021」では、フライドオニオンがトルティーヤチップスに変更されていたのである。

 SNS上では、このトルティーヤチップスに対して「すごく邪魔」「食べにくい」などの批判が噴出。確かに、トルティーヤチップスを中に挟んでしまうことで、“ザクザク”というより“ジャリジャリ”した感があり、食感としてはイマイチとなっている。これならば、以前のフライドオニオンに戻したほうが味も美味しいので、また人気も復活するのではないだろうか。

マックシェイク 黄桃味(無果汁)/(Sサイズ)120円

マック、超人気バーガーの復刻版がまさかの大不評…香料がきつすぎるシェイクなど要注意商品の画像3

 今夏、新作マックシェイク商品として登場した「マックシェイク 黄桃味(無果汁)」。黄桃味ということで、一見さわやかな味わいのマックシェイクを想起するかもしれないが、実は少々難ありの商品なのである。

 最初に一口飲んでみると、確かに桃のような味が口内に広がるのだが、後味に香料独特の少しきつい香りが漂ってくるのだ。飲むたびにその人工的な香りが付きまとってくるため、最後まで飲み切るのがきついと感じる人もいるだろう。

 商品名にも「無果汁」と書かれているうえに120円というリーズナブルさを考えれば、このクオリティは仕方ないのかもしれないが、もう少し香料のキツさをなくしてほしかったというのが正直なところである。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合