NEW

激増するサウナのマナー違反…若者の「ドラクエ行為」を『サ道 2021』も問題視か?

文=エリンギ
【この記事のキーワード】, ,
【確認中】『サ道』放送でマナー違反者が激増?…かけず小僧、水風呂ダイバー、汗ロウリュって何?の画像3
日本最大のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」なら、エリアはもちろん、サウナ・水風呂の温度などお好みの条件で絞り込み、あなたにぴったりのサウナ施設が見つかります! (画像は同サイトのトップページより)

「汗流しカットマン」「かけず小僧」「水風呂ダイバー」などの“名言”がSNSで共有される

 では、サウナ施設おけるマナー違反とはどのようなものなのか? サウナ事情に詳しいライターに聞いた。

「基本的には、公共の場だから他人に迷惑をかけるようなことはひかえよう……というだけのことなんですけどね。でも、そうした“常識”を持ち合わせない人が意外と多いんです。

 例えば、古くから銭湯などでは禁止されてきた毛染め。これは、タイルの目地に色が着いてしまうからNGなのですが……若い方は『洗い場の自分の持ち場でやるなら別にいいじゃん』と考えるのか、堂々とやっている方もたまにいますね。それから、サウナに入る前に身体を洗わない。あるいは、サウナ室内で汗を手で飛ばす通称“汗スプラッシュ”などは、衛生的な点でもマナー違反ですね」

 サウナのあとには欠かせない水風呂についても、いくつかの嫌われる行為があるという。

「サウナのあと、かけ湯やかけ水で汗を流さずにそのままドボンと水風呂に入る行為は、『汗流しカットマン』、あるいは『かけず小僧』と呼ばれ、嫌悪されています。また、水風呂に頭まで浸かる『水風呂ダイバー』もマナー違反。汗を流せば潜水可能としている施設もあるので、許された場所でだけやるようにしてください」(前出のライター)

 近年は、日本最大のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」のレポートやTwitterなど、サウナ情報を交換する場も増えており、そういったマナー違反者たちが、上記のような奇妙なネーミングとともに共有されるようになっているそうだ。

「最近、急速に増えているのは、『ドラクエ』への苦言ですね。大学生と思しきビギナーに多いのですが、2〜5人くらいの集団でやってきて、サウナも水風呂も休憩も、どこへ行くにもぞろぞろと一緒に行動する。その様子を、ドラクエのパーティにたとえてこう呼称されているわけです。

 単純に場所が占拠されるので迷惑なのですが、特にやっかいなのはおしゃべり。元来、サウナ室での会話は歓迎されないのですが、コロナ禍で『黙浴』が推奨されている現在においては、もはや明確なマナー違反。彼らは注意をすれば素直に大人しくしてくれることがほとんどなのですが、本音をいえば、そもそもサウナくらいひとりで行ったらどうなんだとは思いますけどね……」(前出のライター)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合