生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「Android OSのスマートフォンは、iPhoneの15倍も不正アプリによって感染している」そんな驚きの数字をアップルが公表した。アップルによれば、グーグルが開発するAndroidスマホはAndroidを開発するグーグル以外の企業が運営する配信サイトからもアプリをダウンロードできるため、安全性が確保しきれていないということのようだ。

確かにiPhoneはアップルの運営するApp Store以外からアプリをダウンロードできない仕様であり、この主張は正しいようにも思える。しかしアップルの意図は別のところにもあるように感じるのだが…?

アップルがiPhoneの安全性をうったえる

 朝日新聞デジタルは6月23日、アップルが「グーグルのAndroidスマホは、不正ソフトによる感染が『iPhoneの15倍に上る』」という研究例を紹介していたことを伝えている。アップルの報告書では、「娘にせがまれて、父親がAndroidスマホでグーグル以外の企業が運営する配信サイトからゲームをダウンロードしたところ、気づかないうちに次々と課金されてしまう例」などが紹介されているという。それと対比…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合