生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

フリマアプリのメルカリが、サービス開始8周年を記念して2020年の取引傾向がわかるインフォグラフィックスを初公開した。これは都道府県別一人当たりの年間購入金額や年間販売金額などをランキングにしたもの。他にも、カテゴリ別シェアや世代別の購入カテゴリランキングなども公開されている。昨年は巣ごもり需要の影響を受けた結果となっており、首都圏などがランクインしているのは納得だが、1位は意外なあの県だった。

外出自粛の影響が強かった関東地方がランクインしたが、1位は山梨県

メルカリ都道府県別一人当たりの年間購入金額ランキング、首都圏かと思いきや、意外なあの県が1位をの画像1
(Image:about.mercari.com) 一人当たりの年間購入金額はどの都道府県も上昇している(メルカリ調べ)

 まず、都道府県別一人当たりの年間購入金額トップ10から。1位は56,512円の山梨県だった。2019年7月時点で2位だったが、16,201円上昇し、3年ぶりの1位を獲得。以下、2位は東京都の54,607円、3位は大阪府の51,140円。2019年7月時点ではランク圏外だった千葉県は48,972円の6位、茨城県は48,571円の7位、栃木県は48,492円の8位という結果となり、外出自粛の影響を強く受けたエリア、特に関東地方が名を連ねた。

 一方、都道府県別一人当たりの年間販売金額トップ10はというと、1位は東…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合