生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

近年流行している動画サブスクの上半期の人気ランキングが発表された。そのランキングによると、アニメ作品が人気上位を占め、中でもトップとなった作品は“新たな社会現象”を巻き起こすかもしれない気配を漂わせているようだ。また、今回の順位は下位ながら、人気の急上昇ぶりから下半期に話題沸騰が期待される作品の存在も見えてきた。今回は、2021年の下半期につながるであろう、上半期の総決算のランキングについてお伝えしていきたい。

2020年の顔・鬼滅の刃は2位にランクイン

定額制動画配信サービス2021年上半期ランキング、3位「進撃の巨人」2位「鬼滅の刃」圧倒的1位は?の画像1
(Image:gemranking.club) ランキング上位をアニメ作品が独占した(ジェムパートナーズ調べ)

 GEM Partnersは7月2日、「GEMランキングクラブ」プロジェクトにて作成した「定額制動画配信サービス 視聴者数ポイント 2021年上半期総括」を発表。上半期で人気のあった映像作品の数々を公表した。

 そのランキングによれば、2位となったのは「鬼滅の刃」だ。2019年頃からブレイクすると、2020年に劇場版が公開されるとネット上などでも大きな話題に。5月には国内史上初の興行収入400億円を突破しこれまで歴代1位だった「千と千尋の神隠し」316億円を大きく上回る1位の座に輝いていることでも知られている。もはや…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合